ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2895
経験:  弁護士会法律相談センター相談担当者(一般・家事・高齢者・新規登録弁護士指導)、弁護士会中小企業センター相談担当者、商工会議所専門相談員、法テラス契約弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

追突事故で過失がこちらにありません。相手方の保険会社が損保ジャパンですが。5月13日の事故に6月末までしか保証しないと言

ユーザー評価:

追突事故で過失がこちらにありません。相手方の保険会社が損保ジャパンですが。5月13日の事故に6月末までしか保証しないと言っています。こちらが分かりやすい説明も無かったのに、10月中旬まで治療を受けてさかのぼって6月末までの支払いまでしかしないとかありえるのでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 岡山県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 一応、こちらの保険の弁護士特約で弁護士にお願いはしましたが、、裁判になるとのリスクは、、みたいな話ばかりで。、

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

怪我の程度や治療状況からみて、6月末の時点ですでにそれ以上の治療が必要のない状態(治療をしてもそれ以上よくならない状態)であるというのが、相手方保険会社の判断ということになります。

ご相談者様側としては、10月中旬までの治療が必要という主張で争っていくことになりますが、相手方保険会社が認めないのであれば、訴訟や民事調停などを起こして、裁判所の手続により請求していくことになります。

裁判所の手続に乗せるか、現状での保険会社の提示プラスアルファ程度で早期解決とするかは、カルテなどの医療記録から治療期間について争えるかどうか、そしてご相談者様がどこまでやるおつもりなのか、といったあたりを考慮した判断になるように思われます。

弁護士特約でご依頼になっている今の弁護士とご相談になり、もし、ご相談者様のご希望を弁護士が受け入れないのであれば、弁護士を変えることを、弁護士特約ご加入の保険会社にご相談になってみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。最初は9月末まで支払うと言っていたのを6月末に変更してきたのも不信感しかなくて。、ありがとうございます。

こちらこそ、ご相談いただきありがとうございました。

これでよろしければ、上の☆印をクリックすることで、当職のご評価をいただければ幸いです。

お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

弁護士のエイティをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問