ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 15778
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

交通事故の加害者で、支払いについて訴訟を起こされています。 アシスタント:

ユーザー評価:

交通事故の加害者で、支払いについて訴訟を起こされています。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 支払いの意志は伝えているものの、請求内容について不振な点(一部明細がないのに金額だけ請求されています)がある為、その明細を求めていたところ訴訟を起こされてしまいました。その明細が貰えることと、示談にして貰えるのであればすぐにでも支払う意思はあるのですが、それを直接、原告になっている事故当事者の代理人(弁護士)に伝えたら、訴訟を取り下げて貰えるのでしょうか?まだ第一回口頭弁論期日前です。宜しくお願い申し上げます。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
過去10年以上に渡り各大手損害保険会社から依頼を受け、事故状況確認及び損害認定、交通事故の過失割合算定などの業務に就いておりました。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合はお気になさらないでください)

加害者側とはいえ、請求の根拠がないものに関して支払いの義務はなく、その根拠を求めるのは正当な行為であり、これにより不利になることはありません。

また、請求の根拠を提示され、ご相談者様が納得の上お支払いをすれば、訴訟の取り下げの有り得ます(訴訟をする意味がなくなります)。

まずは相手方弁護士へ連絡なさってはいかがかと存じます。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12372;回答、有難うございます。訴状が届いてすぐに答弁書に記載をして裁判所へ提出をしてしまいました。内容は、上記のような明細が欲しい旨を記載したのですが、取り下げのことは頭になく口頭弁論にも出席するつもりで返答してしまいました。その場合でも、弁護士へ連絡してしまっても良いでしょうか?

はい、それでも構いません。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
26377;難うございました。大変助かりました。

法律 についての関連する質問