ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3775
経験:  司法書士・土地家屋調査士・行政書士/土地家屋調査士として7年、司法書士としては10年の経験があります。主に相続や不動産登記、債務整理の分野を得意としています。
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

不動産賃貸契約が契約破棄になりました。貰った仲介手数料は返却義務はありますか。こちらに原因はありませんでした。

ユーザー評価:

不動産賃貸契約が契約破棄になりました。貰った仲介手数料は返却義務はありますか。こちらに原因はありませんでした。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 埼玉県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 契約後に貸主に借主に原因がありました。主に貸主です。

契約書にどのように書かれているかによりますね。一度契約が成立していることから考えても仲介手数料を返還する義務はないと考えられますが、契約書に仲介手数料の返還について書かれていれば契約書の通りに従うことになります。契約書に何も記載されていないなら、買主の責任で契約破棄となったということを考えても仲介手数料は返還する義務はないと考えられます。

質問者: 返答済み 6 日 前.
22865;約書には仲介手数料については書かれていません。

では、契約成立まできちんと仲介したということで返還を拒否しても問題ないでしょう。今回の契約破棄が買主の責任によるものであることを考えても、不動産会社が損害を被る必要はないでしょう。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
38651;話はいただけないのでしょうか?
質問者: 返答済み 6 日 前.
20511;主から仲介手数料の返還請求の訴訟が起こされた場合は?
質問者: 返答済み 6 日 前.
12381;のまま支払いせずにいた場合は相手の弁護士費用はこちらで負担することになりますか?

すみません。貸主の責任で借主に損害が生じたのであれば、借主は貸主に損害を請求するのであって不動産会社に請求するのではありません。仲介手数料は契約までお世話した対価であり、契約がダメになったから返さなければならないものではありません。もし、不動産会社が返すのであればその点を契約書に記載している必要があります。あくまで契約が成立した後は貸主と借主での話になります。もし仲介手数料の訴訟が起こされたら、裁判所で上記のような主張をすることになるでしょう。

支払いをせずにいた場合で相手が弁護士を雇ってきても、相手の弁護士費用を負担することにはなりません。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました。契約後のことですので仲介手数料は契約までの対価と理解していて借主には返却しませんと返事いたしました。たとえ今後内容証明の支給が来ても無視して良いでしょうか?
質問者: 返答済み 6 日 前.
20869;容証明の請求がきても無視していればよいでしょうか?

内容証明が来ても返還の必要はないという考えなので、無視していても構いません。返事をする義務はないです。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました。助かりました。

こちらこそ、ありがとうございました。

質問者: 返答済み 6 日 前.
21516;じ質問です。
今度は貸主から当仲介業者に借主が施工した工事費(200万)及び賃料(200万)の合計400万の1/2を支払うよう貸主から請求がありましたが当方仲介業者は支払い義務はありますか?

では、契約成立まできちんと仲介したということで返還を拒否しても問題ないでしょう。今回の契約破棄が買主の責任によるものであることを考えても、不動産会社が損害を被る必要はないでしょう。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

法律 についての関連する質問