ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1531
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

追加での質問です

ユーザー評価:

追加での質問です
被告会社は、自宅待機命令の理由が合理的である旨を主張立証しないといけないとのご回答をいただきましたが、合理的な理由の主張立証は、ハードルが高いと文献で読みましたが、本当でしょうか。裁判所は、コールセンターの実態をどれ位知っているものでしょうか。
原告の主張は、コールセンターは、実際はマニュアルだけで実務は可能であり、マニュアルが存在しない業務などありえませんし、マニュアルに存在しない業務は、全て管理者が対応する。研修もマニュアルに沿って研修をするから、特別な研修は不要であるとの立証をしたいため、コールセンターの専門書を3冊分の一部分を証拠として提出したいのですが、どれくらい専門書に証拠価値があるものですか。

自宅待機=自宅謹慎と解して、話しをすすめると、1懲戒処分事由がないことが明らかな場合、自宅謹慎命令は無効と解されます。2期間は不当に長期にわたる場合は懲戒処分を行ったと同じことになるから、調査や審議に必要な相当の期間に限定する必要があり、それを超える場合は、権利の濫用として無効となり、不法行為に該当します(福岡地判平3.2.13)。3自宅謹慎を行うだけの合理的理由が必要で、それがない場合、命令は無効と解せられます。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問