ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 15583
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

車の売却契約後のキャンセル料請求を取り下げさせたいです。

ユーザー評価:

車の売却契約後のキャンセル料請求を取り下げさせたいです。車の売却のためT社に見積りを依頼し、査定の結果165万と提示されました。この後B社にも見積りを依頼していると話したところ、自分は元々B社で5年間店長をしており、決済や査定金額の承認も行っていた。その経験から、B社は絶対に165万出さない。と断言されました。B社の店長時代の名刺も見せられたことからその経歴と発言を信頼し、T社と契約しました。
しかし、その後B社にその経緯を話したところ200万出しますと言われました。そのため、T社と契約した3時間後にキャンセル希望の電話をしたところ、キャンセル料として20%の33万円を請求されています。キャンセル料については契約書には具体的な記載はありませんが、契約前に口頭で20%とは言われていました。おそらく一律20%というのは消費者契約法に抵触すると分かっているため明記出来ないのだと思います。契約書にはサインしましたが、車は手元にあり、その他の必要書類も手渡していません。この場合、実際の名刺や経歴をもとに、165万は「絶対に」出さないと言われたことが契約の判断基準となっているため、消費者契約法における断定的判断の提供にあたり、契約の取消しが可能であり、キャンセル料を払う必要はないのではないのでしょうか。上記のような消費者契約法や、過去の判例も調べた上で電話で話し合いをしましたが、T社は契約の取り消しは出来るがキャンセル料は払ってもらう。うちは弁護士通して話してもいいですよ、と言ってきています。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 千葉県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: なし
質問者: 返答済み 10 日 前.
12371;ちらとしても裁判まではしたくないので、弁護士さんからの内容証明で解決できればと考えていますが、可能でしょうか?

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合はお気になさらないでください)

「うちは弁護士通して話してもいいですよ、と言ってきています。」

という、l客を客とも思わない威圧的な発言に関しては、

「では、そうしてください。」

という返答が妥当かと存じます。

実際に売買契約書を交わしていても、それを解約するにあたり支払わなければならない違約金とは“実際に発生した損害に対する賠償”に留まります。

果たして3時間の間にどれだけの損害が発生したのか、それを立証する責任は相手方にあります。

また、

「キャンセル料として20%」

これも消費者の利益を不当に害する契約条項として、無効となります。

下記URLもご参照ください。

早わかり、消費者契約法

public_relations_190401_0001.pdf (caa.go.jp)

ただ、

「こちらとしても裁判まではしたくないので、弁護士さんからの内容証明で解決できればと考えていますが、可能でしょうか?」

それだけでも5~10万円程度の費用が予想され、費用対効果が望めません。

対応策として、まずは消費者被害としてお住いの地域の『消費生活センター』へご相談なさることをお勧めします。
消費生活センターでは様々な消費者トラブルに加え、場合によっては直接、職員が相手方業者と交渉も行ってくれます。
局番なしの『188』です。

消費生活センター↓
http://www.kokusen.go.jp/map/

ito-gyoseiをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;回答ありがとうございます。今日消費者センターに相談した際に、断定的判断の提供にあたるかは明言出来ないとのことで、消費者契約法を活用できるかの明確な回答は得られませんでした。ただ内容証明を送ることを勧められたので、こちらに相談してみました。
車売却消費者相談室からは、支払う必要はなく、T社の主張を弁護する弁護士がいたら見てみたいものです、と仰っていただけましたが、やはり内容証明を勧められています。
失礼な質問になってしまい申し訳ありませんが、行政書士さんからの内容証明でも効果は期待できますでしょうか?
職務内容と権限についてあまり理解できておらずこのような質問をしてしまい申し訳ありません…

ご返信、ありがとうございます。

Q:今日消費者センターに相談した際に、断定的判断の提供にあたるかは明言出来ないとのことで、消費者契約法を活用できるかの明確な回答は得られませんでした。

A:役所勤務の公務員さん、法律に関する知識は乏しいようですね(役所や担当者により差はあります)。

Q:車売却消費者相談室からは、支払う必要はなく、T社の主張を弁護する弁護士がいたら見てみたいものです、と仰っていただけましたが

A:同意します。そもそもそのような弁護士がいれば、とっくに受任通知が届いている筈です。

Q:失礼な質問になってしまい申し訳ありませんが、行政書士さんからの内容証明でも効果は期待できますでしょうか?

A:内容証明郵便は、法律職が書いても専門家が書いても効果は同じです。

内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。
(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると3~5万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも3万円程度掛かります)
証拠能力のあるきちんとした書面で通告すれば、心理的圧迫効果により相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。
ご一考ください。
下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓
https://kigyobengo.com/media/useful/608.html
内容証明郵便(日本郵便)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_serv HYPERLINK "https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html"ice/syomei/index.html
ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

メールでも可能です。
e内容証明(電子内容証明)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/

「内容証明郵便・文例」でネット検索すればたくさん掲載されていますので、それを参考にすればご自分でも充分、作成可能かと思いますし、パソコンやプリンターが無ければ、大きな文房具屋へ行けば内容証明郵便専用の3枚複写の原稿用紙が売っています(Amazonでも売っています)。
これを専門家へ依頼しお金を使うのは正直もったいないので、まずはご自身で作成なさることをお勧めします。

質問者: 返答済み 9 日 前.
35443;しくありがとうございます。だいぶ不安が解消されました。
昨日T社と電話で話し合いをした後、会社としての正式な回答(今後どうするつもりなのか)を今日中にもらう予定でしたが連絡もありません。
明日こちらから催促するつもりですが、その際にいただいた回答を伝えてみて先方の出方を見てみます。
それでも頑ななようでしたら内容証明を送ります。ありがとうございます。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

「御社は“消費者契約法”って、知ってます?その上で『20%』という請求をなさっているのですよね。そうであれば後は『ウチの弁護士』とやらから私に連絡を入れて貰えませんでしょうか。千葉弁護士会へ問い合わせをした後、ご対応させて頂きます。」

まずはこれで宜しいかと存じます。
また何かありましたらお声掛けください。
ご質問の新規投稿の際に回答者としてご指名を頂くか、質問タイトルに『ito-gyosei宛』とご記載頂けば、引き続き小職がご対応させて頂きます。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 9 日 前.
26152;日、車売却消費者相談室、
消費者センター、消費生活相談員、行政書士、弁護士に相談した結果、消費者契約法を根拠に、実際に売買契約書を交わしていたとしても、それを解約するにあたり支払わなければならない違約金とは“実際に発生した損害に対する賠償”に留まるということ。そのため、御社には、契約からキャンセルを申し出た3時間の間に、33万円という損害が発生したことを立証する責任があるということ。また、そもそもキャンセル料20%というのは消費者の利益を不当に害する契約条項として、無効となること。上記の回答を得ました。御社が消費者契約法について知ったうえで「キャンセル料20%=33万円が適切な金額である」という請求をなさっているのであれば、33万円の損害が出たことを立証したうえで顧問弁護士とやらから私に連絡を入れて貰えますでしょうか。千葉弁護士会へ問い合わせをした後、ご対応させて頂きます。と伝えましたが、T社から20万円に減額したものの支払い要求の内容証明を送ると言われてしまいました。この後内容証明が届くと思いますがどう対応したら良いでしょうか。

新規のご質問に回答を作成中、突然、質問が閉鎖されてしまいました。

お手数ですが同じ内容で構わないので改めて投稿頂ければ、ご対応させて頂きます。

法律 についての関連する質問