ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8705
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

初めまして。 アシスタント: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか? 質問者様: 62歳男性です。

ユーザー評価:

初めまして。
アシスタント: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか?
質問者様: 62歳男性です。
去る8月30日、
歌舞伎座(松竹)より、その後の入場を断られております。
当日は、1部は普段通り楽しみつつ観劇致しました。
2部までの幕間にて、カレー専門店にて辛めのカレーとハイボール2杯を食しました。
2部の途中で、体調が悪くなったので、席を立ち、他のお客様がいない廊下のベンチにて横になって休んでいたところ、
歌舞伎座従業員さんから
『具合が悪いようですが、大丈夫ですか?もしよろしかったら医務室がございますのでそちらでお休み頂けますよ』
と、ありがたくも優しい言葉を掛けて頂き、
感謝の意を伝えつつ、
『大丈夫です。ありがとうございます』と伝え、
席に戻りました。その後、まだ身体がほてって睡魔に襲われ、つい、うとうととしつつ、暫しマスクを外したり装着したりと数回繰り返してた所、
歌舞伎座職員の方が席に赴き、
『マスクを外さないで下さい!』と注意されました。
大きな声など一切出さず、
『判りましたが、従前より知っておりました、原副支配人を呼んで下さい』と、依頼しました。
相当待たされた後、千田支配人、原副支配人が現れ、会議室に移動し、
二時間弱の協議(録音済)の末、出入り禁止を通告され、その後は顧問弁護士を代理人とした通知書が手元に届いております。録音の中でも、要因が”マスク”〜”声が大きく客席に届く”〜”威嚇している”〜”森さんはテロ行為をしている”>その二日後のPCR検査は陰性でした
、、、協議内容は一貫して居らず、
代理人の弁護士さんの文書も事実とは違い、
8月30日に起こった事案以前の、8月13日に購入した、過日の9月17日の歌舞伎観劇は対象外との信念で、歌舞伎座へ赴きました。
事前に所轄築地警察署へにも相談し、
『事情を説明し、現場にて事を大きくしたくない胸を伝え、私から110番通報されたら臨場致します。』と、アドバイスを頂き歌舞伎座へ、、、
歌舞伎座は、A3のプラカード多数にて私の入場を拒み、二名による録画を開始。
私は、
『8月30日の事案前13日に購入したチケットに対し、入場拒否と返金拒否の姿勢(代理人弁護士の通知文書に明記)は、事案前のチケットでの入場権利を拒否され、返金にも応じないという事は、11時に開演された時点で、権利と金銭を詐取された刑事事件として110番します』
と、宣言し(笑顔で優しく)110番しました。
従前から側に居られた男女2名の刑事さんが間に入り、事情を聞く為築地署へ誘いました。当然、私の言い分を聞いて頂いた後は、公平中立のお立場で、なんとか、弁護士さんと相談し、和解されることをお勧めし願ってます。
2部・3部は刑事さんが、私の意図(権利を行使する)を歌舞伎座へ伝え、3部の同伴者が無事入場出来たことを観届けて帰途につきました。整理しますと、
一、入場禁止の撤回
一、『テロ行為』発言の撤回と名誉回復
一、8月13日購入の瑕疵の無いチケットに対し、入場も威圧的な行為にて阻まれ、返金もしない。という詐取行為については刑事告訴と、民事では、チケット代返金、威圧的な大人数の拒絶行為による受けた心の慰謝料、交通費等を求めたい。以上3点です。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 住民票は、東京都台東区
他に、埼玉県八潮市にて家族と暮らしてます
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: そもそもの発端は、
玉三郎丈の舞台「お祭り」にて、
演目上「まってました〜」は声が掛からなきゃ芝居が成り立たぬと、
無理は承知で、大向こうをかけ、その後SNSにて炎上し、
歌舞伎座も苦情に対応され、その件は、
「大向こうは掛けない」事、以外に付帯事項がついかされ。
「他のお客様に迷惑を掛けないこと」
「従業員の指示に従うこと」
との件は、いくらでも因縁付けられるからと、一度は受け取り拒否しましたが、
「通知」である以上拒否も出来ないと受け取りました。争点は、当然大向こうなぞ掛けてませんし、
大声も、暴力威嚇も行ってません。体調不良の客に対し、ベンチにて横になっていた対応と、その後自席への注意、また、論点が声が大きい!?威嚇している!?と変わる歌舞伎座の言い分。体調悪い人間に対し具合が悪くなってもかまぬという、人権を無視した行為。納得出来ないので、冷静に責任者を呼んで頂いた次第です。何卒、宜しくお願い申し上げます。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

・入場禁止の撤回
・『テロ行為』発言の撤回と名誉回復
・8月13日購入の瑕疵の無いチケットに対し、入場も威圧的な行為にて阻まれ、返金もしない。という詐取行為についての責任追及

についてですが、まず、今回の件では、民事不介入の原則から刑事事件にはなり得ず、例え、警察に相談をしたとしても被害届の受理はされないといえます。よって民事で解決を図っていくことになりますが、不当な出入り禁止の撤回や、損害賠償請求、名誉棄損に対する謝罪請求等について、貴方から民事調停の申し立てをして、調停の場で解決をしていくのが最適かと存じます。民事調停とは、裁判所において、調停委員会が紛争の当事者を仲介し、紛争当事者間の話合いにより紛争を解決しようとする紛争解決制度です。当事者双方の話し合いによる合意に基づいて紛争の解決を図る手続であり、調停委員会が第三者として当事者双方の言い分を聞いて、調停案を提案してくれます。解決までの時間が訴訟よりも短く、手数料は数百円~数千円で済みます。

※調停前置主義ということから、基本的には裁判や審判の前に調停を申立てなければ次の裁判や審判に進めないということになります。

Loweをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12371;んにちは。
丁寧対応に感謝致します。刑事事件訴訟については、刑事さんにも事情を説明し、1部開演した時点で、30日以前にこの事案に縛られることの無いチケットの権利を剥奪し、返金にも応じない事案については、現行犯逮捕は難しいが、弁護士さんと相談してみて下さいとのアドバイスでした。
更に、刑事事件の起訴によって、出入り禁止の解除とか、チケット代の返金は求められないとか、、、
一問一答
如何でしょうか?
質問者: 返答済み 10 日 前.
36861;伸
刑事事件は、あくまで私が警察へ訴える行為が、第一歩とのことですね!?

民事と刑事は別として扱われますが、刑事事件として被害届が受理されることになった場合であれば、民事事件でも損害賠償請求や慰謝料請求が認められやすい傾向になります。

ですが、おっしゃる通り、刑事事件で例え起訴されたとしても、出入り禁止の解除とやチケット代の返金は民事として別問題になるので、強制的に解除や返金をすることはできず、民事は民事で進めていかなければならないということになります。

法律 についての関連する質問