ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士Primeに今すぐ質問する
弁護士Prime
弁護士Prime,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 70
経験:  Expert
118820881
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士Primeがオンラインで質問受付中

令和3年8月飲酒(酒気帯び)で逮捕、罰金30万円の免停90日でした。 令和4年2月

ユーザー評価:

令和3年8月飲酒(酒気帯び)で逮捕、罰金30万円の免停90日でした。
令和4年2月 1年経たない内に2回目の飲酒(酒気帯び)で逮捕されました。
刑事罰は令和4年5月にきており、免許取り消し2年でした。
行政の方は、最近裁判があり令和4年9月27日に判決が出ます。
こちらは国際弁護士が付いてくれて、執行猶予を求刑しました。検察官は実刑10ヶ月を求刑しました。国際弁護士は、結果はどうなるか分からないと言ってました。
実刑判決になる可能性って結構たかいですか?
後実刑判決になった場合執行猶予に変わることは難しいでしょうか?
ご質問ありがとうございます。弁護士Primeです。

一般的には、実刑よりも執行猶予が付く可能性の方が高いと思います。

ただ、裁判官によって稀に厳しめの人がいるので、厳しめの裁判官に当たると、実刑になる可能性もあります。

運悪く実刑となってしまった場合は、控訴を申し立てて、高裁で執行猶予付きとなるように頑張ってみてください。

よろしくお願いいたします。

弁護士Primeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問