ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5712
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

4年前から鬱病で投薬治療を行っています。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

4年前から鬱病で投薬治療を行っています。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 千葉県千葉市
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 妻との関係悪化の為、今月4日から別居を開始しました。私としては関係改善すべく努力をする決意でしたが、13日に弁護士より受任通知、離婚調停開始する旨連絡がきました。
質問者: 返答済み 12 日 前.
24819;定外の出来事に困惑、動揺し再度診療内科を受診、自殺懸念高く調停への出廷は不可との診断書がだされました。
質問者: 返答済み 12 日 前.
21029;居後9日あまりでの受任通知受領は正直非人道的行為であり、鬱病治療中の人間にそんなことをすればこのような診断がくだるのは容易に判断できるはずです。
まるで、自殺をうながされているかのように受け取っています。
受任弁護士はそのような判断もせず、依頼人からの依頼であれはそんなことをするのでしょうか?
間接的な殺人のように感じます。
質問者: 返答済み 12 日 前.
12385;なみに、4年前に鬱病となったときに自殺未遂をしてしまい、警察に保護されています。

回答者tzx75が対応させていただきます。

配偶者として、うつ病に対しての介護や配慮もなしに、離婚調停開始を申し立てるのは不適切な行為と考えられます。

調停に出席できず、調停が不成立となったら裁判へ進むことも考えられますが、うつ病になったのはあなたの責任ではないわけで、うつ病を原因として簡単に裁判所は離婚を認めることはないでしょう。

夫婦は本来、互いに助け合わなければならないわけですから、病気の時ほど相手を補助しなければなりませんから、気を強く持って進んで行かれることです。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます。
先方弁護士は仮に鬱病であることを認識していながら、調停申立を行うことは不適切な行為といえませんでしょうか?
依頼人からの依頼であればなんでもかんでも手続を進めるのですか?
質問者: 返答済み 11 日 前.
24321;護士の資質としていかがなものでしょうかる
質問者: 返答済み 11 日 前.
12371;れは弁護士会へ苦情をいれても問題ないでしょうか?

お答えします。

弁護士も商売ですから、依頼人に頼まれれば、多少問題があると考えても、手続を進める人はいるでしょう。

弁護士会へ苦情をいれても問題はありません。

専門家287tzx75をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問