ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 7792
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

はじめてご相談させていただきます。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

はじめてご相談させていただきます。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 鹿児島県在住です。中学生の息子が同級生にいじめに合いました。今年の4月から6月まで、ほぼ連日殴ったり蹴ったりされ、やめてといってもやめません。友達と遊んでいる時などに突然やってきて暴力をふるいます。悪質なストーカー行為です。学校に相談し、いじめと認定され、今は近づかないようにしてもらっています。暴行罪として告訴、精神的苦痛に対する慰謝料の請求、再発防止のための接近禁止令を希望しています。どこに、どのように相談すればよいか教えて下さい。中1の息子が同級生にいじめられました。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 学校に、停学処分に値するのでは?と聞いたのですが、答えをぼかされました。親としては、退学処分にしてほしいくらいですが、できるのでしょうか? また、警察や教育委員会にはまだ報告していないのですが、報告した方がよいのでしょうか?

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。相談先が分からないということですが、現時点でどこかの機関へ相談をしているというような経緯はございますか。

質問者: 返答済み 13 日 前.
26152;日、法テラスにメールは送りましたが、返事はまだです。その他の機関には相談していません。
質問者: 返答済み 13 日 前.
12371;どものことを思うと、電話で話すのも気持ちが不安定になるので、できればチャットでお願いします。

分かりました、チャットで回答しますので少々お待ちください。

まず、保護者の立場として警察や教育委員会には報告をすることは問題ありません。

被害生徒を徹底して守り通すという観点から、学校においてはためらうことなく早期に警察に相談し、警察と連携した対応を取ることが重要とされています。いじめの態様についてですが、文部科学省からでている基準がありますので、参考にしてみてください。

(別紙1)学校において生じる可能性がある犯罪行為等について:文部科学省 (mext.go.jp)

いじめ防止対策推進法という法律があり、いじめ対策推進法では、いじめが発生したときに学校側がとるべき措置について、23条以下に記載しています。

成人の刑事手続きであれば、検察官において起訴相当とされれば起訴され、有罪となって実刑となれば拘置所で懲役刑に服することになりますが、心身の成長が完全ではない子どもに、成人と同じような処分は適さず、まずは教育がなされるべきである、という観点から未成年者の犯罪については少年法という法律が適用されます。少年法が適用がされると、「少年審判」という成人における刑事手続きとは別の手続きが適用されることになります。加害者(保護者)に対していじめに対する慰謝料の請求をすることもできます。請求はいじめた生徒の親のほかに学校側に対しても請求ができることがあります。まず、いじめてきた本人(保護者である親)に対しては不法行為に基づく損害賠償請求が可能です。いじめた加害者は未成年でしょうから、保護者である親が代わりに損害賠償責任を負うということになります。そのため保護者である親の監督責任違反を根拠として、親へ損害賠償を請求する流れになります。次に学校へ損害賠償を請求するか否かですが、学校は、生徒が安全な学生生活を送れるように配慮する「安全配慮義務」を負っています。この安全配慮義務が果たされていないとき、学校側に不法行為や債務不履行があったものとして損害賠償請求できる可能性があるのです。損害賠償請求をお考えであれば、直接弁護士相談をして進めていくのがベストです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12391;きれば、手続きの内容や方法、かかる時間や費用も教えていただけますか?
学校は、すみやかに対処してくれたので、損害賠償請求はしないつもりでいます。
また、法テラスの返事を待たずに、地元の法テラスに相談してもよいものでしょうか?結局、返事がきてから、ということになりますか?

損賠賠償請求を相手宛にする方法で、ご自分で進めていく方法としては、損害賠償請求を内容証明郵便で通知する方法で行うということもできます。内容証明は訴訟を前提としているときに利用されることが多いことから、内容証明を通知することにより、相手に心理的圧迫を加え、こちらの要望を実現しやすくするという効力があります。内容証明による通知というのは、裁判になった場合の証拠として使用できるものでありますから、裁判や告訴を行う前の最終通告的な意味合いで使用することが大半です。ですから見慣れない人に対しては、独特の威圧感によるプレッシャーを与えることが出来ます。また、見慣れた人に対しても、受け取っていないという言い逃れが出来ませんので、その後のリスクを自覚認識させることが出来ます。具体的には、期限までに請求に応じない場合に法的な措置をとることなどを記載して、内容証明郵便で督促することにより、解決つなげる効果があります。

内容証明 | 日本郵便株式会社 (japanpost.jp)

直接弁護士に依頼して行う場合は、弁護士は自由に弁護士費用を設定できるため、事務所によって料金が変わりますから、参考まで、としていただけたらと存じます。(依頼する前に、必ず複数事務所に料金体系を問い合わせをしてみるといいかと思います。)まず、初めに事前の情況説明を兼ねた相談料として1時間5千円~1万円程度かかります。相談料は1時間ごとに発生し、大体で1時間あたり5千円から1万円かかります。相談料無料や初回無料の事務所もありますので、相談する前に調べておくと費用を抑えられます。

次に依頼を決めたら着手金として安くて10万円程度かかってきます。着手金とは、依頼すると決まった時点で発生する費用です。

最後にかかってくるのが成功報酬ですが、この成功報酬は、経済利益の6%~30%が相場です。経済利益というのは、相手から損害賠償として受け取れることになった金額になります。パーセンテージに開きがありますが、取り戻せた金額が大きいほど成功報酬の割合が下がったり、相談料や着手金の価格を下げる、もしくは無料にする代わり成功報酬の割合を上げたりするため開きがあるということです。

その他に調停や裁判になった場合、裁判所に出向く際の交通費や、弁護士の時間を拘束する場合(裁判に出席した日など)、日当として3万円程度発生します。

法テラスの返事を待たずに、地元の直接の弁護士相談をするのは問題ありません。

質問者: 返答済み 12 日 前.
20869;容証明郵便は、代筆してくれるサイトがありますが、そういうところに頼むのが一般的でしょうか?
親としては、加害者生徒に自主退学を要求したいのですが、例えば「自主退学してくれたら警察には通報しない」という言い方は、脅迫になってしまいますか?
また、内容証明郵便で慰謝料請求などもできるのでしょうか?

内容証明郵便は、内容証明郵便はご自分で作成することもできます。その際の郵送料ですが、枚数によって異なりますが1,500円前後です。専門家に依頼するのであれば、弁護士、司法書士、行政書士のいずれかの専門家へ依頼することになります。代筆してくれるサイトではなく、実際に打ち合わせができる専門家に依頼する方が一般的でしょう。その方が打ち合わせをしていく中で、貴方の意見と専門家の意見を照らし合わせながら進めることができます。

加害者生徒に自主退学を要求するというようなことを要求することはできません。あくまで民事になるので損賠賠償として金銭での賠償を求めるのみなのです。

尚、こちらのサイトは一問一答制になっておりますので、まず今回の初めのご質問に対して画面の星マークで完了評価をお願い致します。

引き続きのご質問については延長にご同意いただくか新規投稿でお願いします。ご指名いただければ引き続き私が対応することもできます。指名方法が分からない場合は、文頭に「Lowe指名」とご入力くだされば引き続き私が対応いたします。(指名は追加料金はかかりません。)

Loweをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ありがとうございました。

法律 についての関連する質問