ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5266
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

お世話になります。 勤務先より、文書で意思を提示されたのですが、内容が私に対して不利益でかつ、心理的な圧力があります。

ユーザー評価:

お世話になります。
勤務先より、文書で意思を提示されたのですが、内容が私に対して不利益でかつ、心理的な圧力があります。
一方でその文書には「社外秘」と書かれているため、うかつに人に相談できません。
これは不法行為でしょうか。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 岡山県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: はい、実はその文書とは、2014年から2016年度の三年間、パワハラを受け続けたことについての文書です。
社はあくまで、加害者のパワハラを否定。一方的に話し合いを打ち切りました。
その文書に「相手に不利益な行為があれば処罰の対象となる」と、脅迫ともとれる文面があり、その点でどなたかに相談できないか、本当に困っています。

回答者tzx75が対応させていただきます。

会社が加害者のパワハラを否定したとしても、あなたが被害を受けたのあれば、会社に調査や適切な対応を求める権利があります。

それでも適切に対応しない場合は、労働局の総合相談窓口に申し出て、あっせんと言う制度で調整をしてもらわれることです。

あっせんも納得できない場合は3回で判決の出る労働審判に提訴されることです。

ここまでは、弁護士等に依頼しなくても自分でも対応可能です。

専門家287tzx75をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12362;世話になります。
会社に調査や適切な対応を求める権利>
これは「請求権」があるということでしょうか、それとも「勤務先に、かかる義務がある」ということでしょうか。
差し支えなければ、条文をお教えいただきたく存じます。
あっせん・労働審判>
すでに、労働局および県労働委員会には一度赴いており、最終手法として確保している最中です。改めて一番の問題としている点は以下の通りです。社が、威圧的な文言「相手に不利益な行為があれば処罰の対象となる」と書いた文書で回答を打ち切っています。
私は、この文面で少なからず衝撃を受けております。ですので、医師(産業医)などに見せたいと申し出たところ「社内秘なので、見せないでくれ。口頭で説明するのは可」との回答です。
そも「社外秘」と書いた文書で、従業員に衝撃を与える行為、また、これを社の方針に反して見せた場合、私に対して何らかの処分をすることは不法行為でしょうか。

お答えします。

会社は、職場環境を適正に保つ義務を負っておます。

労働契約法5条で

(労働者の安全への配慮)

第五条 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

と定めています。

あなたに交付した文章を、相談のため医師(産業医)などに見せたことに対して、会社が何らかの処分をすることは不法行為と言えるでしょう。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12354;りがとうございます。
条文をお教えいただいたことで、より会社側と折衝がしやすくなりました。また社外秘を、相談のため産業医に見せたことについて、不利益処分ができない点、かなり心理的に楽になりました。

法律 についての関連する質問