ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 13559
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

養育費について、未払いの給料差押が届きました。差押分は、同居して私が生活費を払っていたので発生しないと考えています。差押

ユーザー評価:

養育費について、未払いの給料差押が届きました。差押分は、同居して私が生活費を払っていたので発生しないと考えています。差押に範囲変更の申し出が出来ると書かれてありました。こちらを出すことで差押をなくす、養育費は既に支払われているので債権はないと認めてもらう可能性はありますでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: はい。今回の差押分は2013年10月から2020年1月です。質問者様: Chat is completed

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

養育費とはその名の如く「子供を養育するための費用」です。

同居して生活費を支払っていたのであれば子供様は養育されていたのであり、養育費は支払われていたと解することが出来るかと。

相手方は「養育費とは元妻が貰えるお金」との勘違いをしているようですが、元妻を養う義務は元夫にはなく、また、元妻(親権者)は『子供のための養育費を代理として受け取る窓口』に過ぎません。

当該根拠を以て差押えに対する抗弁をなさるのが宜しいかと存じます。

ito-gyoseiをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます。抗弁の手段としては差押の範囲変更で行うことは可能でしょうか?

こちらこそありがとうございます。

はい、無論可能であると思量します。

特に、元妻が「養育費とは、母親と子供が生活するために貰えるお金」と思っていたら、大きな勘違いです。

離婚して他人となった元妻の扶養義務は元夫にはありません。

あるのは、子供を養育するための費用の支払い義務のみです。

法律 についての関連する質問