ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 13493
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

裏の家の樹木のことで相談させて頂きます。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

裏の家の樹木のことで相談させて頂きます。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 福岡県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: その家の住人が家のことには無頓着で、兄さんが家に出入りしています。我が家との境にあるマキの木(幅が約20m)が伸び放題で、全く剪定しません。2〜3年前にこちらから兄さんに申し出たときには剪定しましたが、それ以来していない状況で、我が家の軒先に覆い被さってきています。私が申し出た相手は兄さんはの方で、弟はいついるかも分からない状況です。兄から弟に伝えていないのではないかと思います。というのも、庭に畑をされていますが、兄しか手入れしていません。その弟は、奥さんを10年以上前に亡くされてから隣組も脱会して人付き合いもないようです。お兄さんは、数年前に脳梗塞で倒れて、半身に麻痺があり、言葉も上手く話せない状況です。リハビリのつもりで畑をしているのかもしれませんが、私としては、本当に困っています。どのように対処すれば良いのかアドバイスを頂けませんでしょうか。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

対応策として、内容証明郵便で兄・弟連名宛で、越境した枝を剪定するよう求めてはいかがでしょうか。
内容証明郵便はご自分で作成すれば1,200~2,000円程度です。
(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度掛かります)

証拠能力のあるきちんとした書面で通告されたら、心理的圧迫効果により相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。
下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓
https://kigyobengo.com/media/useful/608.html
内容証明郵便(日本郵便)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html
ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

メールでも可能です。
e内容証明(電子内容証明)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/

「内容証明郵便・文例」でネット検索すればたくさん掲載されていますので、それを参考にすればご自分でも充分、作成可能かと思いますし、パソコンやプリンターが無ければ、大きな文房具屋へ行けば内容証明郵便専用の3枚複写の原稿用紙が売っています(Amazonでも売っています)。
これを専門家へ依頼しお金を使うのは正直もったいないので、まずはご自身で作成なさることをお勧めします。

質問者: 返答済み 5 日 前.
12372;回答ありがとうございます。しかし、それでは角が立ちそうです。近所付き合いは、嫌でもしないといけないので…。他に良いアドバイスがあればお願いしたいのですが。

ご返信、ありがとうございます。

2023年4月から、改正法では、民法233条1項を維持しつつ、次の3つの場合には、越境された土地所有者の方で、越境した枝を自ら切り取ることができるという特則が追加されました(民法新233条3項)。

  • 竹木の所有者に枝を切除するよう催告したにもかかわらず、竹木の所有者が相当の期間内に切除しないとき。
  • 竹木の所有者を知ることができず、又はその所在を知ることができないとき。
  • 急迫の事情があるとき。

この規定によって、隣地が所有者不明土地であっても、適切に対処することが可能になります。

ですが、この前に通告なさるのが、むしろ相隣関係を悪化させない最善策かと。

『法律での解決』を望むのであれば、このような回答になります。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
12372;回答ありがとうございました。家族とも話し合って、良い方法がないか検討いたします。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

また何かありましたらお声掛けください。

問題の早期解決、心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問