ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 7691
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

お世話になります。 アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか? 質問者様:

ユーザー評価:

お世話になります。
アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか?
質問者様: 一般的なラブホテル、民泊等で、撮影許可や商用利用での撮影を申告せずに撮影された写真を写真集として発売した場合は犯罪になりますか?写真集の内容はラブホテルや民泊内でのグラビア撮影で、メインの被写体は人物です。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 上記内容は私が行なっているわけではなく、私が契約している事務所が行なっており、最近上記内容が発覚したため契約を辞めるかどうかで悩んでいます。契約書には契約期間や契約解除時の文言が書いてあったのですが、もし上記内容が犯罪になるとすれば、この事務所と関わりたくないのですぐにでも契約を解除したいため、契約書の内容を無視して契約解除ができるかどうかを知りたいです。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

建築物等については、「思想又は感情を創作的に表現した建築物」のみが、建築の著作物として著作権が認められることになります。創作性が高く、「美術の著作物」にも該当するような建築物は、例えば岡本太郎の「太陽の塔」等については、自由利用の範囲は制限されます。一般的なラブホテル、民泊等で、撮影許可や商用利用での撮影等については違法性がないといえます。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12521;ブホテルや民泊側に一般客のフリをして利用し、実際は室内で撮影を行ない、その写真を写真集として販売していて、販売後に撮影に使ったラブホテルから商用利用に使っていないかの調査が入り、急いで該当写真の背景をボカす修正をして販売し直すように事務所内で指示が出ています。
このような状況ですが、法律上問題は無いでしょうか?

一般的なラブホテルや民泊の場所での撮影であれば法的に問題ないといえますが、それの説明として、ホテル名等を記載するのは何らかの許諾を受けておいた方がいいといえます。

Loweをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

法律 についての関連する質問