ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1560
経験:  家電量販店や不動産販売仲介業者での勤務を経て、平成27年に司法試験合格。令和元年に個人事務所を開設。債権回収事件や不動産事件、男女間トラブルなど、幅広い分野での担当経験あり。
113504086
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

オーナー持株100%の会社で雇われ社長をやってます。起業1年目は赤字でしたが、2年目から黒字転換しています。そんな会社で

ユーザー評価:

オーナー持株100%の会社で雇われ社長をやってます。起業1年目は赤字でしたが、2年目から黒字転換しています。そんな会社ですが、1年目に決算書類が出ただけで、2年目以降、毎月のバランスシートも決算書類さえも出して来ません。当社の経理部門はオーナーの会社に委ねる形になっており、銀行通帳もオーナーに握られています。どうも、当社の黒字金を経理と結託して、オーナーが自由に使い込んでる節もあります。これは違法には当たらないのでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 住まいは大阪府吹田市、会社は大阪市になります
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 2年目にコロナの影響もあり、売上が非常に厳しい状況があり、3ヵ月間ですが給与を額面35万から10万まで下げられ、売上が上がれば元に戻すと言いながら、25万に留められています。
適切な会計処理を行っていれば違法にはなりません。オーナーは自社の資金を自由に使用することが可能です。
質問者: 返答済み 5 日 前.
12458;ーナーは当社の役員には就任していませんが、それでも100%株主ということであれば、役員には無断でも自由に使えるということでしょうか?
はい。最終的な決定権限は全て株主にあります。
株主はいつでも役員を解任することも法的に可能です。
質問者: 返答済み 5 日 前.
26666;主が役員を解任する権限を持っているのは理解していますし、会社運営に対する対抗手段と思っていました。しかし、会社の資金を役員の預かり知らぬところで自由に使えるとは思っていませんでした。自由に使われた挙げ句、資金ショートしたとすると、それは社長の責任になるのですか?
役員が資金管理に関与できない以上当然オーナーの責任になります。
質問者: 返答済み 5 日 前.
12431;かりました。会社が潰れない限り、オーナーという立場で好き放題出来、雇われ社長に過ぎない立場では給与の中途変更も含め対抗手段がないということですね。
報酬変更は合意がなければできません。回答は以上とさせていただきます。
ご利用頂きありがとうございました。
ご参考になりましたら星の評価をしていただければ幸いです。
machidaをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問