ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5171
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

不倫相手にお金を貸してました。額にして1000万を超えます。突然相手が弁護士をつけ、接近禁止を言われました。また、貸した

ユーザー評価:

不倫相手にお金を貸してました。額にして1000万を超えます。突然相手が弁護士をつけ、接近禁止を言われました。また、貸したお金に対し、私が相手に行った行為に対し、慰謝料として減額、500万しかかえせないと文章で送ってきました。私自身、相手に対し慰謝料を請求されるような行為を行った記憶はありません。相手の弁護士にどのような行為での慰謝料か尋ねても、答えてもらえませんでした。
また、相手の弁護士が、私が代理人を立てるのは構わないが、裁判等になり、私が相手に行った行為を明るみになった場合、相手を辱めるため、それに対しての慰謝料も請求することになると言われました。私は相手の要求を呑むしかないのでしょうか。

回答者tzx75が対応させていただきます。

あなたにとっても理由がない事案で、「裁判で、相手を辱めるため、それに対しての慰謝料」というのは脅しともいえましょう。

本来裁判上での証明で必要な範囲の公開は、たとえ名誉毀損などの内容でも、違法行為に当たらないとされています。

裁判例としては下記のものがあります。

東京地方裁判所平成18年3月20日判決

水戸地方裁判所平成13年9月26日判決

ですから、1000万を正当に請求されることです。

専門家287tzx75をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
36820;答ありがとうございます。まず、相手の弁護士に対して、このような脅しに対する損害賠償請求というのは可能でしょうか?また、最後の1000万を正当に請求されることとは、私が相手に請求すればいいと言う事で、よろしいですか。
また、貸した額に対する損害賠償額となると500万円以上の損害賠償請求額になりますが、そのような額の損害賠償とはどのような行為を想像できますか。相手が不倫により離婚し、その夫から慰謝料を請求され場合でも2~300万程度だと聞いております。それに対し、相手は離婚もしておらず、不倫した本人からの慰謝料請求となります。

お答えします。

相手の弁護士に対して、「このような脅しに対する損害賠償請求」というのは、裁判で、相手を辱める内容によっては無いとは言えないので、現状では損害賠償までは困難でしょう。

「500万円以上の損害賠償請求額になりますが、そのような額の損害賠償とはどのような行為を想像できますか」こちらでは判断できかねますが、返済しないための相手の言い逃れでしょう。

また、最後の1000万を正当に請求されることとは、相手に根拠のある額を請求すればいいと言う事です。

法律 についての関連する質問