ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3846
経験:  2005年弁護士登録。民事事件、刑事事件、家事事件、行政事件などを手広く扱ってきた。消費者被害の分野においては、特に注力してきている。
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

心療内科に、通っていますが、昨日、医者から、「私には、あなたを、措置入院させる権限が有ることを、忘れないように。」と、言

ユーザー評価:

心療内科に、通っていますが、昨日、医者から、「私には、あなたを、措置入院させる権限が有ることを、忘れないように。」と、言われましたが、これは、【脅迫罪】では、無いでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 富山県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 現在、統合失調症で、通っていますが、薬は、0㎎に、為っています。医者は、あなたは、犯罪一歩手前だったから、かつて、入院した、と言いましたが、入院の際に、そう言う事実は、無く、医者の、思い込みです。医者は、薬を、飲ませたいのですが、私は、拒否しました。そしたら、上記のようなことを、おっしゃいました。

弁護士のkhyh1709といいます、よろしくお願い致します。

あなたを入院させてやる、といった発言があったとすると、形式的には、脅迫罪に該当しうる行為だといえます。

ただし、言い方の問題などはおいておくとして、

医師が、医療行為の中で、医師としての判断として、措置入院もありうるような状況だ、ということを説明したのだとすると、

医療行為の一環として、正当行為、として、違法ではなくなる、つまりは罪にならない、という可能性もあります。

このあたりは、医師としての発言が、どこまで医療行為として正当化される範囲内かどうかというところでしょう。

薬を飲ませるかどうかというところがあるようですが、医師の診断が適切なのか、

どちらかというと医療過誤としての争いになるのではないか、という気がします。

もし、不本意に入院させられた、ということになれば、精神保健福祉法に基づいた退院請求を、県の精神保険審査会にあてて提出して審理してもらうのが、いいでしょう。

khyh1709をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問