ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2008
経験:  弁護士会法律相談センター相談担当者(一般・家事・高齢者・新規登録弁護士指導)、弁護士会中小企業センター相談担当者、商工会議所専門相談員、法テラス契約弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

交通事故について アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様: 埼玉県

ユーザー評価:

交通事故について
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 埼玉県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 8月末に事故に遭い2月末まで自賠責で整形外科と整骨院に通院 3月から健康保健で別の整形外科に通院とリハビリをしていて、今日後遺障害診断書の記入をお願いしたら、 交通事故としてみてないから と診断書の記入を断られました。質問者様: Chat is completed
質問者: 返答済み 6 日 前.
3月からの通院期間は交通事故治療とは認められないのか?
初診の時に交通事故で怪我をした事は伝えたのですが、先生も最初から診察してる訳では無いから事故が原因なのか元々の怪我が原因かわからないし、問い合わせ来ても困ると言われました。

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

自賠責から健康保険に途中で切り替えると、そこからは交通事故との因果関係が認められるのが極めて大変になります。

また、後遺障害診断書というのは、自賠責の場合の書式ですので、健康保険の場合には対応しない病院が多いです。

そのため、元々自賠責で通院していた病院をもう一度受診し、そこで後遺障害診断書を書いてもらうというのが、一番、現実的な方法だと思います。

ご参考になれば幸いです。

弁護士のエイティをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12392;なると、
今通院してる整形外科は交通事故の治療とは認められないとの事ですか、、
わかりました。ありがとうございました

そうですね、健康保険で治療を受けている方の病院で交通外傷とは認めないとすると、健康保険分は認められない可能性が高めです。

再度、元の病院で診察を受けて、例えば健康保険分の治療も交通外傷の治療の続きである旨の医師の意見書を書いてもらう、ということも考えられますが、そこまで対応してくれるかどうかは、病院側と交渉してみないと分からないと思います。

高いご評価をいただきありがとうございました。

また何かございましたら、ご相談下さい。

法律 についての関連する質問