ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 12954
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

相続放棄をする時の相続人は、配偶者と子供で大丈夫ですか?

ユーザー評価:

相続放棄をする時の相続人は、配偶者と子供で大丈夫ですか?

ご質問、ありがとうございます。

親族のなかで誰が相続人になるかは、民法の定める優先順位によって決まります。

第1順位の者がいる場合には、第1順位の者が相続します。第1順位の者がいない、または全員相続放棄をした場合には、第2順位の者が相続します。

同様に、第2順位の者がいない、または全員相続放棄をした場合には、第3順位の者が相続します(民法887条・889条)。

配偶者と子供が相続を放棄すると、第二順位の法定相続人の親、第三順位の法定相続人である兄弟・おいめいの順で相続人となります。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
27515;亡した人の債務を、相続放棄するには、第何順位迄ですか?

ご返信、ありがとうございます。

最終順位まで順番が回ってきます。

だれも相続したくないのであれば、全ての相続人が放棄しなければなりません。

法律 についての関連する質問