ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1416
経験:  家電量販店や不動産販売仲介業者での勤務を経て、平成27年に司法試験合格。令和元年に個人事務所を開設。債権回収事件や不動産事件、男女間トラブルなど、幅広い分野での担当経験あり。
113504086
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

定期的に資料をデータで納品する仕事を開始したいと思っています。毎月第〇×曜日までに資料をメールで送付するイメージで、毎月

ユーザー評価:

定期的に資料をデータで納品する仕事を開始したいと思っています。毎月第〇×曜日までに資料をメールで送付するイメージで、毎月資料代を振込んでもらう形態を考えています。基本取引契約書なるもので契約形態は問題ないでしょうか。顧客を1から開拓していく段階であり、個別に値段を変える可能性もあり、利用規約+申込書ではそぐわないのではと思っております。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 月刊誌の定期購読のパワポ版みたいなイメージです。契約書の形態に迷っており、知見をいただけると幸いです。
取引基本契約書を締結しておき、取引の都度、請求書を送付するような形式で良いかと思います。請求書は送付しない場合もありますが、相手から求められる場合もありますので、それも含めて検討してください。
ご参考にしていただければ幸いです。
質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございます。ネットにて入手した雛形を確認しているのですが、取引基本契約書には個別契約が別途必要なのでしょうか。また、物品売買という表現はデータでも問題ないでしょうか。資料には著作権が発生するため、そうした記載も必要と考えておりますが、そのような際の参考雛形等はございませんでしょうか。お手数をおかけしますが、ご教示いただけると幸いです。
取引基本契約は、個別契約に共通する部分を集約して基本契約とするものですので、個別契約は必要となります。

ただし、個別契約書を作成する必要はありません。通常は、請求書のみとすることが多いでしょう。

・物品売買でも問題ありません。

・著作権については、以下のような記載を追加することが考えられます。

第●条(著作権の帰属)

甲が、乙に対して交付する物品に関する著作権等の一切の知的財産権は、甲に帰属するものとする。

ご利用いただきありがとうございました。

ご参考になりましたら、星の評価をしていただければ幸いです。

宜しくお願い致します。

machidaをはじめその他4 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問