ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5159
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

労働問題で、事件発生から会社側へのファーストコンタクトはどのくらいの期間であれば問題ないのでしょうか アシスタント:

ユーザー評価:

労働問題で、事件発生から会社側へのファーストコンタクトはどのくらいの期間であれば問題ないのでしょうか
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にないです

回答者tzx75が対応させていただきます。

別に特別な制約はありません。

具体的にどのような事件でしょうか。

質問者: 返答済み 14 日 前.
20107;件発生から何ヶ月程度なら、撤回等の意思表示をせず経過しても(もちろん、こちらは証拠集めや事実整理、弁護士に相談等はして過ごしているのですが)、黙示の承認をしたと裁判所から認定されるかになります。

お答えします。

通常で、話し合いの際に承諾をすれば、詐欺や脅迫で意思表示をしたものでなければ、撤回は出来ないでしょう。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます。
通常、錯誤、詐欺・強迫等の事実証拠があっても、それらが認定されるのは難しいのでしょうか。裁判官の裁量次第でしょうか

お答えします。

錯誤、詐欺・強迫等の事実証拠があれば、それらが認定されるのはそれほど困難ではないでしょう。

ただし下記の条文の通り、意思表示を取り消すに至る細かい要件があるため、最後は、裁判官の心証が入る要素はあります。

民法95条(錯誤)

意思表示は、次に掲げる錯誤に基づくものであって、その錯誤が法律行為の目的及び取引上の社会通念に照らして重要なものであるときは、取り消すことができる。

一 意思表示に対応する意思を欠く錯誤

二 表意者が法律行為の基礎とした事情についてのその認識が真実に反する錯誤

2 前項第二号の規定による意思表示の取消しは、その事情が法律行為の基礎とされていることが表示されていたときに限り、することができる。

3 錯誤が表意者の重大な過失によるものであった場合には、次に掲げる場合を除き、第一項の規定による意思表示の取消しをすることができない。

一 相手方が表意者に錯誤があることを知り、又は重大な過失によって知らなかったとき。

二 相手方が表意者と同一の錯誤に陥っていたとき。

4 第一項の規定による意思表示の取消しは、善意でかつ過失がない第三者に対抗することができない。

民法96条(詐欺又は強迫)

詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知り、又は知ることができたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。

3 前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意でかつ過失がない第三者に対抗することができない。

専門家287tzx75をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問