ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
山本弁護士に今すぐ質問する
山本弁護士
山本弁護士,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 172
経験:  Expert
115060218
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
山本弁護士がオンラインで質問受付中

先日 母がくも膜下で倒れ、入院、手術、危篤になり亡くなりました。 亡くなった次の日に母の口座からお金を下ろし

質問者の質問

先日
母がくも膜下で倒れ、入院、手術、危篤になり亡くなりました。
亡くなった次の日に母の口座からお金を下ろし
入院費や手術代、葬儀代にあてる事は税務上問題ないですか?
また、その他 税務上問題ない使い道はありますか?
(残されたお子様は16歳の未成年になります。)
その未成年者の生活費?アパートを借りるなど
様々なお金がかかってきます。
このような場合、税務調査が入った場合
正当な理由になる使い道はどこまででしょうか。
よろしくお願いいたします。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ありません。
投稿: 20 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  山本弁護士 返答済み 20 日 前.
弁護士の山本が回答いたします。まず入院費等にあてることは全く問題ありません。
次に、お子様の生活費等にあてることも全く問題ありません(相続した金銭はお子様自身の財産であり、その自分自身の財産を使うことにほかならないからです)。遺産の総額が3600万円未満であれば、相続税申告は不要であり、税務調査は行われません。
質問者: 返答済み 20 日 前.
12354;りがとうございました。
専門家:  山本弁護士 返答済み 20 日 前.
回答が参考になりましたら、星のご評価をお願いします。

法律 についての関連する質問