ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
山本弁護士に今すぐ質問する
山本弁護士
山本弁護士,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 106
経験:  Expert
115060218
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
山本弁護士がオンラインで質問受付中

不倫をしました。 相手(女性)の旦那さんにバレました。 アシスタント:

ユーザー評価:

不倫をしました。 相手(女性)の旦那さんにバレました。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: こちらも既婚ですが、偽名を使っていたこともあり、妻にバレずに解決したいです。 滋賀県です。 相手からは慰謝料と二度と会わないという書面をやりとりしたいと言われています。 こちらとしては偽名のまま、住所と電話番号を教えずに、このやりとりを済ませたいのですが良い方法はありますでしょうか?
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: こちらの身分がバレずに先方とやりとりする方法を知りたいです。
弁護士の山本が対応させていただきます。示談金を支払うという話になっておられるのでしょうか?
質問者: 返答済み 10 日 前.
20808;方は要求してくる可能性が高いです。(今は直接はやりとりしておらず、不倫相手の女性側が隠れて情報をくれています。)
質問者: 返答済み 10 日 前.
12383;だ旦那さんも大事にはしたくないらしく、書面だけのやりとりだから住所を教えてほしいと言われています。
こちらは住所バレ=妻にバレるなのでなんとか避けたいです。
相手方おっの立場からしますと、貴方の住所を知ることは、妻から聞けない限り、かなり困難なことです。
基本的には、示談書には、住所氏名を記載しますが、住所を告知しないことを条件にある程度の示談金を支払う、というのもありえる話かと思います。
質問者: 返答済み 10 日 前.
20808;方が住所を知りたい理由が書面のやりとりであった場合、こちらの代理で弁護士さんに入っていただくことで住所を、明かさずに文章のやりとりをすすめることは難しいのでしょうか?
質問者: 返答済み 10 日 前.
12371;のやりとりもあくまで偽名でいきたいです。
弁護士に委任することで、示談書の署名押印も弁護士がすることになります。
偽名での示談書作成を依頼した弁護士が受けてくれるか微妙なところです。
加えて、偽名であったことが相手方にバレた場合に、再度なにかしら紛争にならないとも言い切れません。弁護士に委任するのであれば、本名を伝えて、住所は伝えず、弁護士名での示談書作成をすれば、住所は知られないで済むかと思われます。
質問者: 返答済み 10 日 前.
24321;護士さんにはもちろん、実名をお伝えします。
という条件であれば受けていただける可能性はあるのでしょうか。また、そのような依頼の場合、お金はどの程度かかるのでしょうか。
実名でないと受けてもらえないと思われます。不貞慰謝料請求の請求を受ける側の依頼の場合の弁護士費用の総額は、私の感覚ですと、20〜40万円です。
質問者: 返答済み 10 日 前.
36074;問を繰り返して申し訳ありません。
当方が、弁護士さんに実名で依頼、弁護士さんは相手とやり取りする時には私の名前は偽名になる、一方で文章としては弁護士さん委任になるので偽名を、使わなくても済む。
そして先方には実名と実住所はバレない。という認識で良いでしょうか?
違います。
あくまで相手方との間で、実名を用いないと、示談の効力が貴方に及ばないので、実名で示談書を作成します。
ただし、示談書には、実名だけで、住所は記載しません。弁護士の住所氏名、押印をします。相手方には、実名は知られるが、住所は知られないということです。
実名だけで、生年月日と住所を知られなければ、相手方は、弁護士に依頼して、あなたの住民票を取ることができません。
質問者: 返答済み 10 日 前.
35469;識の訂正ありがとうございます。
また住所などを知られないかの情報もありがとうございます。結論としては偽名+住所明かさない。
は弁護士さんに依頼するのはほぼ不可能ということであっていますか?
貴方が依頼する弁護士には、実名住所を明かさないと、依頼を受けてくれません。
偽名で示談するのはリスクがありますが、偽名のままで受けてくれる弁護士がいないというわけではないようにも思えます。
1番安心安全な対応は、上記のとおりかと思います。
山本弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
33391;く理解できました。
ありがとうございました。

法律 についての関連する質問