ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1655
経験:  弁護士会法律相談センター相談担当者(一般・家事・高齢者・新規登録弁護士指導)、弁護士会中小企業センター相談担当者、商工会議所専門相談員、法テラス契約弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

11月末より別居をしております。実際には妻が実家に帰っております。実家は資産家で不自由なく生活をしているようです。妻は派

ユーザー評価:

11月末より別居をしております。実際には妻が実家に帰っております。実家は資産家で不自由なく生活をしているようです。妻は派遣で働いており、妻の両親と同居しております。子供は2名おり、長女は私が、次女は、妻の方に行きました。別居のきっかけは、家がごみ屋敷のように汚くなっていたため、家事について口論し、家を掃除するために、掃除用具を購入している際に、妻が警察を呼び、警察から別居を促されその後連絡をとっていません。本日、DVが原因で別居したいとの内容証明が届きました。離婚は次女が大学までは離婚せず、生活費を振り込めとの内容でした。内容証明の返信等をどのようにすればよいでしょうか。この場合、裁判や調停を考えると司法書士、弁護士に依頼したほうがよいのでしょうか。教えてください。

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

内容証明への回答は、ご相談者様がどうしたいとお思いかによるかと思います。

離婚問題というのは、ご夫婦のこれまでのあらゆる事情を伺った上でないと何とも言えないところがありますので、依頼するかはともかくとして、弁護士の面談の法律相談をお受けになり、方針をご相談になってはいかがでしょうか。

なお、司法書士さんは離婚調停や訴訟の代理人にはなれませんので、ご相談になるのであれば最初から弁護士にご相談になった方がいいです。

離婚調停は弁護士を代理人につけずにご本人にて対応することも可能かとは思いますが、相手方に代理人弁護士がつけば、ご相談者様側も弁護士にご依頼になった方がよいと思います。

これで頂いたご質問にお答えできていますでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
20869;容証明には生活費と養育費の請求が記載されております。内容証明郵便の効力については、ネット情報などで確認しましたが、公正証書とは別と考えてよいのでしょうか。
一番気にしているのは内容証明の内容に反論もしくは意見する場合には内容証明でないとまずいのではないかという点となります。

内容証明というのは、いつ、誰が誰にどのような内容の文書を送ったかを郵便局が証明するという、単なる郵便局のサービスの名前です。内容証明は、単に相手方の要求に過ぎず、公証人が当事者の合意内容等を元に作成する公正証書とは全く違うものです。

ただ、生活費(婚姻費用)を請求する場合、後から調停や審判になった場合、請求した月からの支払が認められますので、相手方としてはいつ請求をしたのかを記録に残すために、内容証明で送ってきているのです。

これに対する返信は、内容証明であってもなくてもどちらでもかまいません。

ただ、相手方が正式に内容証明で請求してきている以上、安易にご返事をなさらず、返信内容は弁護士とご相談になってからにした方がよいのではないでしょうか。返信内容は、後から撤回しにくいためです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます。
大変参考になりました。

こちらこそ、ご相談いただきありがとうございました。

これでよろしければ、上の☆印をクリックすることで、当職のご評価をいただければ幸いです。

お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

弁護士のエイティをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

高いご評価を頂きありがとうございました。

また何かございましたら、ご相談下さい。

新たにご質問を頂く際ご指名をいただければ、引き続き当職が対応できるかと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問