ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1651
経験:  弁護士会法律相談センター相談担当者(一般・家事・高齢者・新規登録弁護士指導)、弁護士会中小企業センター相談担当者、商工会議所専門相談員、法テラス契約弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

娘夫婦とのもめ事に私たち夫婦連名で弁護士を頼みました。その場合娘からの要求や言い分などは夫にも開示されてしまうことになる

ユーザー評価:

娘夫婦とのもめ事に私たち夫婦連名で弁護士を頼みました。その場合娘からの要求や言い分などは夫にも開示されてしまうことになるのでしょうか?
例えば私が風俗で働いてるとか不倫してるとか娘が脅すなかにそれも含まれてるのですが 私のプライバシーを守る守秘義務はないのでしょうか?

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

弁護士の守秘義務は、事件に関して知った依頼者の秘密を他人に漏らさないという義務です。

しかし、本件では、依頼された事件の相手方が、依頼者であるご相談者様とご主人に対して、ご相談者様が知られたくない事柄を言っているということですので、守秘義務の範囲には含まれません。

相手方からの言い分は秘密ではないこと、ご相談者様もご主人もともに依頼者であるため他人に漏らしたことにはならないことがその理由です。

相手方が言っていることですので、ご主人に秘密にするというのがどこまでできることか難しいですが、ご依頼の弁護士に、ご主人には相手方が言っている具体的なことをなるべく話さないで欲しいと、相談なさってみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 12 日 前.
24321;護士次第ってことになるってことなんですね?
では娘が直接主人に話すことも止める手段はないということですよね?私達夫婦は金銭的な話しあいで二度と親子関係を続けるつもりはないのです。手切れ金代わりの気持ちでお金を渡して公正証書をかわし今後親戚付き合いもなしで本当は縁を切りたいとかんがえているのです。しかし親子の縁はきれないとのことでしたら、敷居はまたいでくれるなと言う感じで接したいと考えています

弁護士次第というよりも、お嬢さん次第ということだと思います。

事件の相手方がご主人に何を言うかは、弁護士にはコントロールできません。

弁護士のエイティです。

当職のご回答が報酬を払うに値しないという低評価をいただき、大変驚いております。

何か当職のご回答に問題がありましたでしょうか。不足等がございましたら、回答の補充もできるかと思いますので、おっしゃっていただければと思います。

何かご反応をいただけませんか?

質問者: 返答済み 12 日 前.
21516;じ内容を他の弁護士、司法書士の方に聞いたら娘の口論を止めることはできないが、夫に私の秘密をばらすと脅すのは脅迫罪やプライバシー侵害になるので法的対応できると伝えたらいいとか、私が聞いてる公正証書の話にも答えてくれてないし、対応が不親切すぎます。もういいですって評価したのに返答を求められてびっくりです。

このサイトは、ご相談者様のご質問に対して、一問一答形式により専門家がお答えする質問サイトです。

ご相談者様のご質問が弁護士の守秘義務はないのかというものであったため、守秘義務というものはどういうものか、本件でご依頼になった弁護士に守秘義務違反を問えるのかという方向でのご回答を致しました。

こちらはあくまで質問サイトですので、一般的な法律相談と異なり、伺ったご事情からご相談者様がどうすればよいのかを網羅的にご相談に乗るということは難しことをご理解頂ければ幸いです。

一問一答形式ですので、ご質問のあった弁護士の守秘義務の点から離れる脅迫罪やプライバシー侵害の点については、本来は別途新しいご質問を立てていただきたいところですが、サービスでお答えしておきます。

たしかに、理論的には脅迫罪やプライバシー侵害該当し得ます。そのため、弁護士名でこれらに該当する可能性があること、これ以上続ければ法定手段をとることを警告するということは考えられます。

ただ、当職の弁護士としての経験上、親族間でこのような行為をなさる方は、多くの場合、その程度の警告でやめたりしません。

そして実際には、この程度ですと警察は動いてくれず、プライバシー侵害で損害賠償請求をしても裁判所が果たしてどの程度認めるかも疑問なところがあります。

そのため、相手方の行為を止めることができるというのは、結局は弁護士がどのような対応をとるかというよりも、「お嬢さん次第」ということになってしまうとお答えしたところです。

なお、公正証書については、具体的なご質問を頂いていませんので、何をお答えすればよいのか分からず、新たなご質問であるとは捉えておりませんでした。

ご相談者様が「もういいです」とおっしゃっても、当職は報酬をいただけず労力が全くの無駄になりますので、当職としてはフォローを続けることになります。

もしこれで終わりということでよろしいのであれば、☆3以上のご評価をいただき、質問を閉じて頂けますでしょうか。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

弁護士のエイティをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ご評価いただきありがとうございました。

法律 についての関連する質問