ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1655
経験:  弁護士会法律相談センター相談担当者(一般・家事・高齢者・新規登録弁護士指導)、弁護士会中小企業センター相談担当者、商工会議所専門相談員、法テラス契約弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

非常に強い突風が吹いた日に当方路面店なのですが店舗横の壁沿いに置いていた宅配用のプラスチック製の箱(一辺が50cm程)が

ユーザー評価:

非常に強い突風が吹いた日に当方路面店なのですが店舗横の壁沿いに置いていた宅配用のプラスチック製の箱(一辺が50cm程)が飛んでいって走行中の車に当たって擦り傷が付いてしまいました。相手方は警察を呼び現場検証した結果、自然災害との見解でした。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 大阪府です。質問が途中になりましたが相手のあいおい損保の人間は10割の過失で全額請求との事ですが10:0という事はあるのでしょうか?
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 大丈夫です。

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

まず前提として、警察が言っているのは犯罪として刑罰が下されるかの判断、損害保険会社が言っているのは、民事の損害賠償請求の問題です。

警察が自然災害との認定をしたというのは、箱の管理の不備などによる犯罪には該当しない、という判断を示したものです。

保険会社が言うのは、風で飛ぶような場所に箱を置いておいたことに過失があることを前提に、被害者には過失がなく(10対0でご相談者様側の責任)、過失相殺による賠償額の減額はない、という判断です。

風で飛んできた箱に被害者の落ち度でぶつかったということは考えにくいので、過失相殺がないという判断は妥当だと考えられます。

もしご相談者様が争うのであれば、そもそも箱の保管は万全であり、風で飛ばされたことに過失はない、というご主張になるかと思います。

ただ、誰かが本来の保管場所に不法に侵入して箱を持ち出したといった事情がないと、なかなかこのような無過失の主張は難しいのではないかと考えます。

これで頂いたご質問にお答えできていますでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

弁護士のエイティです。

当職のご回答が報酬を払うに値しないという低評価をいただき、大変驚いております。

何か当職のご回答に問題がありましたでしょうか。不足等がございましたら、回答の補充もできるかと思いますので、おっしゃっていただければと思います。

何かご反応をいただけませんか?

弁護士のエイティをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

何かご反応をいただけませんか?

法律 についての関連する質問