ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
山本弁護士に今すぐ質問する
山本弁護士
山本弁護士,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 109
経験:  Expert
115060218
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
山本弁護士がオンラインで質問受付中

財産開示請求を予定しております。金銭債権1250万。債務者が出頭命令拒否した場合、刑事告発を考えております。出頭命令1回

ユーザー評価:

財産開示請求を予定しております。金銭債権1250万。債務者が出頭命令拒否した場合、刑事告発を考えております。出頭命令1回でも、可能でしょうか?告発状作成等弁護士費用は、どの位かかりますか?又、行政書士に依頼した場合の費用は?弁護士と
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 弁護士と行依頼依頼した場合の違い教えて下さい。住まいは、福岡県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 裁判所からの、出頭命令は、もし1回目欠席であればまた、2回目出頭命令可能なのですか。
弁護士の山本が回答させていただきます。法律(改正民事執行法)の規定上は、一回の不出頭で、刑事罰の対象となります。裁判所は、手続保障に慎重ですから、2回目の出頭命令を出すはずです。弁護士に告訴を依頼した場合の弁護士費用については、旧日弁連基準が、着手金10万円以上となっておりますので、私の感覚ですと、全部で10〜20万円くらいでしょうか。
行政書士との違いは、弁護士ですと代理人として告訴するため、警察・検察に対する感銘力に多少の違いが生じえます。
財産開示手続不出頭に対する刑罰の前例をつくるという意味でも、個人的にぜひ頑張っていただきたいと思います。債権額の大きさからしても、やるべきかと考えます。
山本弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問