ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
山本弁護士に今すぐ質問する
山本弁護士
山本弁護士,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 116
経験:  Expert
115060218
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
山本弁護士がオンラインで質問受付中

リフォーム業者の代理人弁護士より受任通知書が届きました。内容への反論があり書類作成を行いましたが、内容について相談をする

ユーザー評価:

リフォーム業者の代理人弁護士より受任通知書が届きました。内容への反論があり書類作成を行いましたが、内容について相談をすることは可能でしょうか?その際、費用はどの程度かかるものでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: さらなる相手の返事によっては、そのままこちらの代理人弁護士となっていただくことも可能でしょうか>
弁護士の山本が回答させていただきます。
こちらは一問一答制のサイトとなっておりまして、このサイトを介して事案の受任をすることは禁じられております。
内容についてのご相談は受けることができます。
ご質問にお答えします。①題名や書式に決まりはありません。ご自身が書いた内容に対するアドバイスは、通常の法律相談にて対応できますので、法律相談料のみのお支払で済みます。②減額して和解する可能性は充分あります。理由は、相手方が請負代金報酬請求するには、金額についての事前合意が必要であり、本件ではそれがないため、金額の調整は今後の協議によるほかないからです。③弁護士費用については個々の事務所次第であり、何とも言えませんが、私の感覚では、20〜30万円です。④質問者様の案件については、得意不得意があまりなく、どの弁護士でも対応できるものかと存じます。そのため、数カ所法律相談を行い、1番ご自身のしっくりくる弁護士に依頼するのがよいと思います。
質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
反論したい内容を記載したのですが、この場合表題は「反論書」でしょうか?「回答書」でしょうか?
質問者: 返答済み 16 日 前.
22833;礼致しました、回答頂いた2通目を読む前にお送りしてしまいました。
題名は、回答書とするのが一般的ではあります。
しかし、決まりはありませんので、それに囚われるよりもご自身のご主張と想いに注力して下さい。
質問者: 返答済み 16 日 前.
20869;容について承知致しました。今回、一旦文書をお送りし、その回答によって弁護士の方へ依頼するか、
それとも現時点で依頼すべきか悩んでおります。アドバイス頂けますでしょうか。
前者でも遅くないですが、質問者様の送る文書に、質問者様の不利になりうる文言がないとも言い切れませんので、念を押すのであれば、事前の法律相談をお勧めします。
山本弁護士をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございました。

法律 についての関連する質問