ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5499
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

賃貸契約について相談したいです アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

賃貸契約について相談したいです
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ないです

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

賃貸契約についてのご質問と言うことですが、ご相談内容はどのようなことでしょうか。こちらのご投稿欄に引き続きご相談内容をご入力くださればこちらから回答させていただきます、よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 14 日 前.
20808;日引っ越しましたが、隣のマンションの解体工事をしており、
日中騒音と地震のような揺れがひどいのですが、契約時には説明を受けませんでした。隣のマンションは、私の住むマンションと同一オーナーになるので、
解体工事は、オーナーも仲介業者も事前に知り得た情報だと思います。これは宅建業法35条の説明義務のある重要事項には当たらないでしょうか?
賠償を求められるとしたら、金額的にどの程度(例えば工事期間中のホテル宿泊費分、等)が妥当でしょうか?

騒音等に関することは、物件の形状・性質や設備等に関する事項とは異なり、それ自体が物件の状態を左右する事項ではないため、宅地建物取引業法第35条で明記されている重要事項には該当しないといえます。ですが、騒音トラブルに悩まされているということであれば、何も手段がないというわけではありません。故事による日中騒音と地震のような揺れがひどいということになると個人が発する騒音とは区別され、業務で発生する騒音ということになり、苦情をいう相手はその業者であるとして明確であるうえ、「騒音規制法」という法律が存在しています。まずは、受忍限度を超える騒音であることの証拠を残してください。騒音を図るには騒音計という騒音の度合いを図る機器もあり、どのくらいのデシベルの騒音かを測ることができます。電化製品店等でも販売しており、数千円で購入することができます。その騒音計で証拠を残し、生活をしていく上で、騒音が「受忍限度」を超えていると判断される騒音があったら調停を申し立てたり民事訴訟を起こすこともできます。騒音が原因で頭痛や不眠、うつ病などの健康被害が生じた場合は、民法第709条および第710条にもとづいて、騒音の発生源である住人に対して不法行為による損害賠償を請求することができます。実際に、連続する騒音により、慰謝料200万円および弁護士費用40万円の損害賠償を求めて訴えを提起し認められたという判例もあります。

Loweをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
35443;細にありがとうございます。
とても参考になりました。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

法律 についての関連する質問