ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5087
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

叔母(米国人と結婚 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

叔母(米国人と結婚
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 叔母(米国人と結婚後現地で死亡)の土地を
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 叔母(米国人と結婚後現地で死亡 息子3人いる)と共同所有゛の土地を処分したぎい不明であった

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

叔母様(既に他界)が外国人とご結婚をしお子様がアメリカに3人いらっしゃるということですね。その3人アメリカ国籍のお子様が、他界されている叔母様の相続人になります。ですから、現時点で、共同所有者は、伯母様の相続人である3人の息子様にあるということになります。土地を処分するにはその息子様達のが相続人として土地の登記をし、共同代表の立場として処分をすることになります。日本の不動産を相続するには、日本の法務局で「相続登記」をしなければなりません。日本の不動産登記法に従って相続登記する場合に必要なものは、戸籍に代わる証明書として、出生証明書、叔母様の死亡証明書、宣誓供述書(相続人全員が在日領事館や公証役場で「被相続人の相続人は自分たちのみであり、それ以外に相続人は存在しません」と宣誓し、認証を得て作成される書類です。在日領事館や公証役場へ申込みをして作成します。)等です。個人で進めていくのは複雑でありますので、弁護士か司法書士に依頼をして進めていくことをお勧めします。

Loweをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
Lowe様、大変有益なご助言を頂き有難うございました。実は、叔母の3男になる息子が突然訪ねてきたので、叔母の安否確認したところ既に死亡していることが分かりました。そこで三人が相続人であることを告げて、相続して貰い売却してほしい旨を申し出ました。帰米後に大分地方法務局に相談し、相続に必要な書類を英訳し、英訳前の書類を添えて、メールで届けましたが返答がありません。3男の息子は母親から大分に土地があることを聞き、見に来たように思えます。70坪程の土地をみて、失望した様にも思えます。英会話の教師をしている姪と話したときに電卓を弾いていたと言いますから、銭勘定をしていたようです。Google Mapで調べたところ、彼は広い土地に大きな家を建てて住んでいましたので、今更関わりたくない様です。
だだ、毎年税金を納めるだけで、活用できない土地をもつのがくやしいです。
実は、叔母と言うのは一昨年になくした妻の叔母で、結婚するときはいないことになっており、最近になって知りました。
土地は、妻の母親と叔母の共同所有となっていたものを相続したものです。妻の母の実家の6人の相続会議の時にそのようにきめたようです。面倒なこと金のかかることは私に来るように仕組まれており、妻は父親に似ておっとりした性格で疑うことをしりません。妻の父親は、妻が幼少のころになくなっております。
つまらぬことを申し上げ済みません。84歳になった今、子・孫のに遺さぬ様に
Lowe様のご指導をよく考えて対処してみます。本当に有難うございました。厚く御礼申し上げます。
質問者: 返答済み 2 日 前.
20170;のところ、精神・身体障害の息子の世話で忙しく、区切りがつけば゛、取り組みたいと逸っています。
質問者: 返答済み 2 日 前.
19968;応終了とさせてください。取り組みの結果次第で、再度お願いすることが在るかも知れませんが。

法律 についての関連する質問