ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, ビジネス法務エキスパート
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1703
経験:  1級知的財産管理技能士(コンテンツ)。他にも行政書士、社会保険労務士、宅地建物取引士などの資格も保有。
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

入国管理局に提出するために必要な公的証明書(戸籍謄本など)などは、弁護士や行政書士の方にお願いしたら本人が海外にいてもと

ユーザー評価:

入国管理局に提出するために必要な公的証明書(戸籍謄本など)などは、弁護士や行政書士の方にお願いしたら本人が海外にいてもとって頂くことは可能でしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ないです

ご質問ありがとうございます。

弁護士や行政書士は、職務上請求という制度を利用することにより、職務上必要な他人の戸籍謄本や住民票を取得することが可能です。

ただし、ここでいう職務上というのは、訴訟手続きやビザの申請など、別に主となる業務の依頼を受けていることが前提です。戸籍謄本を取得してくださいという依頼を受けた場合には、職務上請求の対象外になります。

従って、書類の取得のみをご依頼いただくことは可能ですが、その場合は委任状や身分証明書の写しなどをご準備いただく必要があります。

(委任状があれば、親戚や友人の方でも可能ですので、頼める方がいらっしゃるようであれば、まずは検討されてみてください。)

followをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
35443;細にありがとうございました!

法律 についての関連する質問