ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 9066
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

3年前に友人に現金手渡しで50万を貸し、何度も催促を繰り返しようやく現在35万程度返って来ました。しかし返済も滞っており

ユーザー評価:

3年前に友人に現金手渡しで50万を貸し、何度も催促を繰り返しようやく現在35万程度返って来ました。しかし返済も滞っており、精神的にかなり追い込まれているため、相談する形となりました。LINEのトークにて証拠はすべて揃っており、年18%の利息もつけて返すと当時言われています。利息込みで残りの金額を回収することは可能なのでしょうか。尚、相手の実家と現在の職場は把握しておりますが、どこに住んでいるのかは把握しておらず、LINEでやり取りしているのみです。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 群馬県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 弁護士費用込みでどのくらいの回収の見込みがあるかを知りたいです。また、この訴訟では勝てるのでしょうか?

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

回答を作成し送信します。

少々お待ち頂けますようお願い申し上げます。

弁護士へ依頼すると着手金だけで10~30万円程度の費用が予想され、残金全額回収できても赤字の可能性もあります。

対応策としてまずは相手方に対して、内容証明郵便にて残金の返済を催告なさってみてはいかがでしょうか。

内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。

(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると3~5万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも3万円程度掛かります)
証拠能力のある、きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。
ご一考ください。
下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓
https://kigyobengo.com/media/useful/608.html
内容証明郵便(日本郵便)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html
ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

メールでも可能です。
e内容証明(電子内容証明)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/

「内容証明郵便・文例」でネット検索すればたくさん掲載されていますので、それを参考にすればご自分でも充分、作成可能かと思いますし、パソコンやプリンターが無ければ、大きな文房具屋へ行けば内容証明郵便専用の3枚複写の原稿用紙が売っています。
(これを専門家へ依頼しお金を使うのは、正直もったいないです)
まずはご自身で作成なさることをお勧めします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
20869;容証明郵便というものはただ催促するだけのものですか?でしたらLINEで散々催促していますし、効果がないように思えます
また、現在住んでいる住所がわかりませんがどこへ送れば良いのでしょうか

ご返信、ありがとうございます。

貼付URLをご覧になって頂いてご理解頂けたかと思うのですが、内容証明郵便は「間違いなく自分の意思を相手方へ伝えた」との証拠能力が担保され、その心理的圧迫効果により支払いや要請に応じることを期待されると同時に、後に訴訟へ発展しても有利に作用します。

また、内容証明郵便の送付先は実家でも勤務先でも構いません。

弁護士へ着手金を支払い依頼して、全面勝訴で赤字よりは、まずはこの方法で催告なさるのが宜しいかと思い提案させて頂きました。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12394;るほど、ありがとうございます
では、仮に内容証明郵便で全く反応がなかった場合の対策としてはどのようなものがありますか?

その場合は、少額訴訟を提起することをお勧めします。

少額訴訟(裁判所)↓

https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_minzi/minzi_04_02_02/index.html

質問者: 返答済み 10 日 前.
12381;の際に、理論上約束した分の利息も込めて支払ってもらうことは可能なのでしょうか

無論、請求なさってください。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございました

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

問題の早期解決、心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問