ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
行政書士Mに今すぐ質問する
行政書士M
行政書士M, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  Expert
113803217
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
行政書士Mがオンラインで質問受付中

広告デザインの仕事をしています。依頼者から仕事を頼まれて1週間に渡り仕事を致しました。正確な労働時間は分からずです。深夜

ユーザー評価:

広告デザインの仕事をしています。依頼者から仕事を頼まれて1週間に渡り仕事を致しました。正確な労働時間は分からずです。深夜を入れ20時間は働いております。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 1週間、仕事をして結果デザインに気に食わなかったから他の人に依頼します!と言われ突然のキャンセルとなりました。あくまでもお客様都合のキャンセルという事でキャンセル料の支払いをお願いしたところ、不当だ!と言われ払う意思が無く言い訳をされ支払いをされないです。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 当初すぐ請求書もあげ、期日内に支払いもされなかったです。デザインが気に食わないから、という理由で依頼者の指示を受けながら作業を進めてデザインが完成し、キャンセルという流れです。

はじめまして。

行政書士Mです。

今後は、出来れば、業務委託契約書を作り締結することをお勧めします。

今回、「請求書」をあげており、それに対して不満足ということでやり直し、更にキャンセルという経過をたどっているなら、損害賠償請求を求めるべきです。

先ずは、この依頼者宛に、内容証明郵便を出して、あなたの請求及びそれが正当であることを述べて、期限を切って回答を求めるようにしましょう。

そしてそれをけってきたら、もし金額が少額(60万円)なら、少額訴訟という手もあります。以下ご参考:

https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_minzi/minzi_04_02_08/index.html

質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;返答ありがとうございます!
依頼者からキャンセル料を取ることが出来るという事で大丈夫ですか?また税込55.000円を請求していたのですがお客様都合のキャンセルということで50%の支払いをお願い致しました。この金額の決め方は大丈夫でしたか?

はい。合理的な範囲のものでしょう。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます!
また、請求書の作成に関しまして、お聞きしたいのですが、
キャンセル料 27.500円という記載で出してもよろしいですか?

はい、いつも使われているフォーマットで、キャンセル料 金27,500円で送ればよろしいかと存じます。

そしてそれを支払わないことを通知してくれば、先の通り、内容証明で、損害賠償請求を求めればよいと考えます。

但し、金額が大きくないので、費用対効果を考えて、どこまでやるか(言い換えれば、泣き寝入りするか)をご検討ください。

あまり不誠実な顧客の対応にエネルギーを注いでも、意味(価値)がないとも思われます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12392;ても、わかりやすい返答ありがとうございます!!

はい、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12385;なみに、キャンセル料の説明を求められています。記載がなかった事、キャンセル料50%の内訳、なんと答えるのがベストですか?ちなみに個人委託として受けました。

キャンセル料(当初委託料の50%相当:委託から1週間業務を遂行し(実労働時間20時間)、完成品を納品したが、やり直しの機会も与えられず突然キャンセルとされました)

とか書けば宜しいかと? ・・・キャンセルを受ける前に、やり直しをしたらその実労働時間も加えて書けば宜しいかと?

冒頭にも記しましたが、個人事業主とて、「業務委託契約書」を提示して、成果物の概要、納期、検収、支払いやキャンセル時の扱い、発生した著作物等の権利の扱い等、取り決めておくことが望ましいです。

行政書士Mをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます!!

はい! ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
22865;約の提示がなかったことや、キャンセル料の発生、50%という数字に関してはこちらとしても現在相談させてもらっています。
請求書の内容に関しては片山さんの言い値となっているので、内容は後日話し合って決めていく方向でよろしくお願いします。
なので少しお待ちください。
またご連絡します。こうやって返事来たのですが、、

ですか!?

待っていたらどうなるんですかね? 27500円で、20時間分仕事をしたというのは、決して高額ではないですよね? 渋い会社ですね!?

民法では、次のような判断がされます:

業務を請け負った場合に、委託者(今回相手の会社)が契約を解除すると、請け負った側(請負人=今回あなた様)はその損害賠償の内容として,請負人が既に支出した費用,及び仕事が完成していたのであれば得られたであろう利益(逸失利益)を請求することができます。
他方で、請負人がそれ以上契約を続行しないことにより不要となった費用等は控除されます(損益相殺)。
そのため,「解除の時まで被控訴人(請負人)がなした仕事に照応する請負代金(報酬)相当額をもってこれを算定することが衡平に合致する」とした判例もあります(名古屋高裁昭和63.9.29)。

ということで、20時間分をよこせというのは妥当であって、単価1000円としても2万円です! デザイン作業の場合はその何倍もの単価はあると思います。

50%が気に入らないなら金額でどうかという攻め方もあると思います。

それこそ、内容証明郵便の出番じゃないですか?

内容証明郵便はご自分でできます。次のサイトをご覧ください:

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html

https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/index.html

質問者: 返答済み 16 日 前.
12394;んか、感覚がおかしいというか、、、こちらは、あくまでも20時間の労働分を払えと言っていて過剰に請求してるつもりもないんです。デザイン代も値切られて値切られての見積もりの50%を提示していて時給1375円分だけを請求しております。僕の言い値の値段、、とか言われるとなにを言ってるいるのかわかりません。。内部証明が必要ですね。。

全く同意です!!

質問者: 返答済み 16 日 前.
12499;ジネスとしてお互い、仕事をしているのに
お金払わないで逃げるのはちょっとです。真面目に働いたのに。内部証明を、送るとどうなるのですか?

相手は、提訴されるかもしれないと考えて対応してくる(支払いをする)ことがあります。

勿論、応じない場合もあります。そこで、内容証明郵便の末尾には次のように書くことをお勧めします。

「なお、貴社が私の上記の請求に応じない場合は、法的手段をとる用意があります。その場合は、上記での提示の請求金額はさらにアップすることになり、また訴訟にかかる費用を併せて請求することになりますことをご承知おきください。」

ここまでいっても応じない場合は、それこそ費用対効果を考えて低額訴訟(簡易裁判所)に持ち込むかです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
32118;対的にやった方がいいですね!
今回のケースでこの尾末を使わせて頂きます。他に記載した方が良い文章があれば、教えて頂きたいです。
質問者: 返答済み 16 日 前.
20309;度お手数おかけして申し訳御座いません。

あとは、経緯を、日付とか、金額とか、あなたの労働時間とか、拒否されてキャンセルされた理由とか、を時系列で他の人が見てわかりやすいように書いておけば、後日訴訟する場合には役に立つと思います。

そして、請求額を書いて、それを貴方の銀行口座に、本書(内容証明郵便)の10日以内に振り込めと書いて、振込先の銀行口座情報(銀行名、支店名、口座番号、名義人=あなた)を文中に書いておくことですね。

ネットを検索すれば、いくつもこの種の文案は出ているでしょう。参考にされれば宜しいかと。

本書(内容証明郵便)の10日以内に ⇒ 本書(内容証明郵便)の到着後10日以内に :失礼しました

質問者: 返答済み 16 日 前.
26412;当にわかりやすくありがとう御座います!お金もそうですが、馬鹿にされてる気がしますのでしっかりやってやります。
ありがとうございます!

はい! 頑張ってください。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12371;んなことを言われているのですが、どうすればよろしいですか?

ご連絡ありがとうございます。

私には、この5%の価値と50%の価値のいずれが、物として妥当かということについては解りかねます。

しかしあなた様が20時間をかけたというのは事実であろうと思います。

このような齟齬が生じることを防ぐためにも当初の契約で成果物の概要を特定しておくことが必要であったと思います。

さて、この件の決着ですが、

①先の予定通り内容証明郵便を出す(書面には、本日50,000円(税別)の5%の2500円の提案を受けたが、不当であることも含める)

②金額を50%から下げて例えば、25%程度(55000円の25%の13,750円:税込)に落とす。

③相手の言い値の2500円+税(つまり、2,750円)を受け入れる。

ですね? どのコースでいくかご検討ください。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;返答ありがとうございます!①でしっかり内容証明書を送ります!

はい。では、Good Luck!

質問者: 返答済み 15 日 前.
26152;日は色々なアドバイスありがとうございました!相手と話した結果ですが、侮辱的発言や立場を利用した威圧行偽、嘘の住所を送っていた事などいろいろな事があり許せない気持ちになったので全額請求致しました。それで相手側からの謝罪と今後一切の請求や、法的な事をお互いにやらないと同意得て、全額取り返せました。本当にアドバイスありがとうございました!

それはよかったですね!

やはり、最初の契約書の提示・合意が大切と思います。

次のサイトでは、業務委託契約なども安価に作ってくれる先生もおります。

ご参考まで: https://shares1.test.kkdv.tech/

質問者: 返答済み 15 日 前.
20170;後からしっかりやりたいと思います!!わざわざサイトまでありがとうございます!さっそく作ってもらいます!!

法律 についての関連する質問