ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 9091
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

業務委託契約について相談させてほしいです アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

業務委託契約について相談させてほしいです
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: フリーですでに業務委託契約済の契約内容に際し、当方の意向が通るものか通らないものかの判断がつかない状態です。そのへんのご相談にのっていただければ幸いです

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
業務委託契約に関するご質問とのことですが、差し支えのない範囲で構いませんので詳細をお聞かせ頂ければ、お答えさせて頂きたく存じます。
宜しくお願いします。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

質問者: 返答済み 13 日 前.
ito-gyosei先生、おはようございます。画面上のしくみがわからず、コチラの画面ではなく、別画面から質問をさせていただいてしまったのですが、ご対応いただけていますでしょうか?

おはようございます。

ご質問内容、拝見致しました。

①監修するにも情報共有されずに勝手に商品が作られてしまった状態の中、上記契約内容であっても契約解除は可能か?

A:委任契約は、委任者・受任者いずれからも、いつでも解除できるとされています。可能であると思量します。
②契約外であるサイト、チラシ等の校正業務分の報酬を別途請求は可能か?

A:当初契約に含まれていなくとも追加で依頼を受けたのであれば、請求可能出ると思量します。

質問者: 返答済み 13 日 前.
20808;生、回答をせかすようで申し訳ございませんでした。先生なのか、あるいは別の方にご対応いただけているのかわからずに確認させていただいてしまった次第です。
なるほど、、、第7条(契約解除)
甲及び乙は、本契約に定める内容に相手方が違背した場合には、その相手方に対し書面による
通知を行った上で直ちに本契約を解除する事ができるものとすす。こう書かれていましたが、そもそもの委任契約の場合は解除可能という認識で合っている、ということですよね?
例えば、法人様よりこの段階での解除は困る、といわれておりまして、想定よりも工数がかかっていること、販売も未知な状態の中、4品作成予定だった商品のうち1品のリリースが延期されることになり、数ヶ月、あるいは1年くらい先の可能性があると言われました。
こうなってくると時間の延長が想定されることからその分の費用(元の監修業務)は別途請求させていただきたい旨を伝えたのですが、
それは受けられない、という回答を得ております。ただ、監修契約4品の範疇であるため、別途請求は難しいものなのか・・?とも思ったのですが、
当初契約した際が1年前、どの程度期間がかかるものなのかは不明瞭だったため、現段階で業務の時間がとれるかというととれない状態になってしまっている、という現状がございます。
進捗共有があればおおよそかかってくるだろう時間も見込めたので、その分法人様分の時間を押さえておくこともできたかも・・
とは思っての別途請求と伝えたのですが、その意向は通りますでしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

Q:そもそもの委任契約の場合は解除可能という認識で合っている、ということですよね?

A:はい、その認識で合っています。

今回の契約自体が通常の業務委託でなく、単なる“名義貸しの要請”にあたる可能性があり、ご相談者様には当然、断る権利があります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
20808;生、早々のご回答ありがとうございます。
まずその旨先方へ伝えます。が、上記の通りで契約続行をしたいと言ってきているのですが、その場合、監修業務として継続となるものの、同業務であっても想定されていた時間がプラスされている現状を踏まえて追加請求は可能なものでしょうか?

こちらこそご返信、ありがとうございます。

業務延長になっているのは事実であり、請求なさって宜しいかと存じます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
20808;生、ありがとうございます。
実は先生にご相談にのっていただくのは今回が2回目です。
とても貴重なご意見、ありがとうございました。ご縁があってのことだと思いますので、本当はあまり困った内容で関わり合いがあるのは望まないところですが、感謝いたします。
ありがとうございました!

こちらこそご質問、ありがとうございました。

私も『レシピ』というワードで、昔聞いたことあるなと思ったのですが、契約書の件でご相談頂いた方でしたね。

失礼致しました。
今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークの数でご評価を頂けると幸いです。
ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問