ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 9091
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

親子間の金銭の生前贈与を行いたいのですが 贈与契約書を自分たちで作ろうと思います。 署名の他に実印も必須でしょうか?

ユーザー評価:

親子間の金銭の生前贈与を行いたいのですが
贈与契約書を自分たちで作ろうと思います。
署名の他に実印も必須でしょうか?

ご質問、ありがとうございます。

贈与契約書は実印でなくても有効ですが、自署と実印による押印が確実とされています(後に揉めないために)。

『最高裁判決(昭和39年5月12日)

押印された印影が本人(代理人を含む)の印鑑である場合には、反証がない限り、その印影は本人(代理人を含む)の意思に基づいて成立したものと推定するのが相当である。』

『最高裁判決(昭和50年6月12日)

上記の昭和39年の最高裁判決でいう名義人の印鑑は実印のみを指す訳ではないが、名義人の印鑑であることは必要。尚、名義人が他の者と共有、共用している印鑑はこれに含まれない。』

よくある、家族で共用している三文判を使用すると、本人の意思に基づいた押印との証明が難しくなる場合があります。

無論、実印以外で押印しているからと言って直ちにその贈与契約書が無効になる訳ではありませんが、やはり理想としては実印を用いた方がより確実かと存じます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
23478;族間での受け渡しですが、実印の陰影を悪用される等のリスクは無いか心配してるのですが、可能性はありませんか?

ご返信、ありがとうございます。

そのような危惧がおありなら、フルネームの銀行印などを使用してはいかがでしょうか。

また、先述の通り実印でなければならない必要はありませんので、三文判と違い特徴的な彫りの印鑑で、間違いなくこの個人の印鑑であると分かる物であれば、それで宜しいかと存じます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
23455;印も銀行印もなんですけれど、
下の名前の物しか持っていないです。
不動産の取得時にも下の名前のみの実印で契約したりしました。
フルネームの方がいいでしょうか?

下の名前の印鑑でしたら、本人の物と推定できます(珍しいですね)。

姓だけとは違い、それなら十分ではないかと存じます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12362;応えありがとうございます。
解決です。
離婚経験がある為、印鑑を変更する手間が省けると思い、下の名前のみで統一しました。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

私もかつて、子供へのプレゼントに下の名前だけの印鑑を検討したことがあります。

素敵ですよね(余談ですみません)。

今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークの数でご評価を頂けると幸いです。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問