ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8963
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

インターネットにて印刷物を製造販売しておりますが、お客様の勘違いで違ったものが届いたから、一方的に全額返金してくれとの事

ユーザー評価:

インターネットにて印刷物を製造販売しておりますが、お客様の勘違いで違ったものが届いたから、一方的に全額返金してくれとの事。こちらもオリジナルの物を製造している為全額返金はできない旨をお伝えしたところ激高され困っています。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: とくにありません。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

請負契約においては、業務に瑕疵があるような場合、発注者はこれに対する瑕疵修補や損害賠償を請求することが可能です。
ただしそれは、単なる不満足という主観的なものでは足りず、客観的に瑕疵があることや損害が発生していることを証明できることが前提となります。

ご質問の件では「お客様の勘違い」が原因とのこと。

受注者であるご相談者様側に責任はなく、全額返金の義務はありません。

ただ、それでは相手方が承服せず、また、ご商売であれば、新たに正しい発注をしてくれればある程度の値引きはするなどの交渉を行ってみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 5 日 前.
12372;返信ありがとうございます。具体的な内容と致しましては2枚複写の伝票24組を1冊にした物を100冊注文したかったのですが、単票との発注でしたので、そのままお見積り上でも単票24組100冊のお見積り表記で発注頂きました。
先方が言うには単票と書いてあっても24組の組と表記しているのだからダメだと一点張りで困っています。
一応差額頂ければ再度作り直す提案はしたのですが、取引したくないから、返品するから返金しろと一転張りです。これ以上話し合いは不可能と考えて、泣き寝入りするしかないかなとも思っています。良い方法がありましたらご教示お願いいたします。

ご返信、ありがとうございます。

「単票と書いてあっても24組の組と表記しているのだから」

これは相手方の一方的な言い分であり、認められるものではないと思量します。

対応策として、内容証明郵便にて相手方へ、正当な業務請負契約の終了と返品・返金不可の旨を通告なさってはいかがでしょうか。

内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。

(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも2万円程度掛かります)

証拠能力のある、きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。

ご一考ください。

下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方、出し方、効力、弁護士費用を弁護士が解説|咲くやこの花法律事務所 (kigyobengo.com)

内容証明 | 日本郵便株式会社 (japanpost.jp)

【弁護士に任せる?自分でできる?】内容証明郵便の出し方と費用 | 弁護士費用保険の教科書 (bengoshihoken-mikata.jp)

メールでも可能です。

e内容証明(電子内容証明) - 日本郵便 (japanpost.jp)

「内容証明郵便・文例」でネット検索すればたくさん掲載されていますので、それを参考にすればご自分でも充分、作成可能かと思いますし、パソコンやプリンターが無ければ、大きな文房具屋へ行けば内容証明郵便専用の3枚複写の原稿用紙が売っています。

(これを専門家へ依頼しお金を使うのは、正直もったいないです)

まずはご自身で作成なさることをお勧めします。

また万が一、これでも解決に至らない場合、裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。

また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。

加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

ぜひ、ご一考ください。

民事調停・裁判所(政府広報オンライン)

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201408/3.html

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
12372;返信ありがとうございます。またご丁寧なアドバイスにも感謝申し上げます。
売買代金自体は4万円程度なのでアドバイス頂いたように自分で少々動いてみます。
ありがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問