ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5133
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

親子間で金銭の生前贈与を行いたいのですが、 銀行から送金する形にしたいです。 送金できる上限等はありますか?

ユーザー評価:

親子間で金銭の生前贈与を行いたいのですが、
銀行から送金する形にしたいです。
送金できる上限等はありますか?

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

生前贈与は、1年間(1月1日から12月31日の間)に合計110万円までは贈与税はかかりません。この110万円の非課税枠(基礎控除額といいます)を活用して生前に相続人などに贈与を行い、財産を減らすことは相続対策として有効ということになりますが、超えてしまうと税金がかかってきてしまいます。ですから、110万円以上ある場合、数年にわたって1年に110万円以下で送金をする形にするのがベストです。

質問者: 返答済み 14 日 前.
36104;与契約書も作ってまとまった金額を考えています。
相続時精算課税制度を使って
25000万を超えない範囲です。
質問者: 返答済み 14 日 前.
12377;みません2500万です

相続時精算課税制度とは、生前贈与をするときは2500万円まで贈与税を非課税にしますが、贈与した人が亡くなった時には、その人の遺産だけでなく、過去に生前贈与した財産も一緒に、相続税を課税される制度です。それを踏まえたうえで、相続時精算課税制度を利用するということであれば、2500万円を上限としてまとまった金銭の送金を一度に限りすることができます。

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問