ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 547
経験:  家電量販店や不動産販売仲介業者での勤務を経て、平成27年に司法試験合格。令和元年に個人事務所を開設。債権回収事件や不動産事件、男女間トラブルなど、幅広い分野での担当経験あり。
113504086
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

長野県の弊社が長崎市の物置3.0X4.5 13.5m2の組み立て資材販売を請け負った 構造は木造

質問者の質問

長野県の弊社が長崎市の物置3.0X4.5 13.5m2の組み立て資材販売を請け負った
構造は木造
木材は全てプレカットすみで現場ノックダウン
とわ言え家具のように簡単にできるものではない 確認申請が必要な建物です。
施主意向で地元設計事務所に確認申請を依頼、また施主から某企業に基礎工事
を依頼。
弊社が1週間前長駆長崎まで資材の運搬と大工を派遣し既設基礎の上部構造の着工も
基礎が建築基準法に違反しているだけでなく、構造的に基礎の厚さが10cm程度であるために
上部構造が固定できず、施主に基礎撤去およい再構築を依頼した、同時に弊社基礎職人の派遣も
合わせて検討した。
昨日確認申請を担当した設計事務所土井設計事務所 長崎県長崎市清水町5番26号
095−846−4664から物
置の基礎はなくてもよくコンクリートは単なる床であるなど
意味不明の架電があった、そうするうちに弊社大工が撤収したあと資材保管場所から 資材を持ち出して、上部の組み立てを地元企業の施工を開始した、現時点では施主は不知と聞いているが真偽はわからない。つまり違法はもちろん上部建物の倒壊その他に対して非常に問題があり得るとの認識
昨日の段階で弊社資材の無断使用であるため窃盗でないかと長崎市警察に通報 相手の言い分(施主でなく設計事務所)は弊社は費用の全額をもらっているはずなので資材は施主のものとのことであるが費用には弊社請負工事費用金額が含まれている。契約が履行されていない限り弊社の財産であるとの考えですがどうでしょうか?そして今後どの方向に示談すればよろしいでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 長野県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 先ほどの質問に尽きるとおもいますが 昨日夕方設計事務所の発言で発覚しました。刑事責任は問えますか?質問者様: Chat is completed
投稿: 14 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  machida 返答済み 14 日 前.

弁護士まちだが回答させていただきます。

資材の所有権がどちらにあるかは、契約内容により判断されることになります。

主な契約内容としては、資材の販売と組み立てということになるかと思いますが、この場合、資材の売買としての要素が強いため、引渡しまたは代金の支払いにより、資材の所有権は施主に移転したといえるかと思います。

組み立てについては、先方の都合により遂行できなくなったということになるかと思いますので、返還する必要はないでしょう。

今回のような民事事件の要素が強い事案は、警察の捜査は期待できません。

刑事告訴を行ったとしても、起訴猶予または不起訴となる可能性が高いように思います。

今回の設計事務所に対応により実害が発生した場合には、民事として損害賠償請求を行っていくことになるかと思います。

ご参考にしていただければ幸いです。

専門家:  machida 返答済み 11 日 前.

ご利用いただきありがとうございました。

ご満足度に応じて評価をしていただければ幸いです。

宜しくお願い致します。

法律 についての関連する質問