ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
行政書士Mに今すぐ質問する
行政書士M
行政書士M, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 255
経験:  Expert
113803217
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
行政書士Mがオンラインで質問受付中

亡き父の財産分与で、母親と私で共有1/2づつ持分の土地に、母親名義の住居(A)と私名義の住居()があります。

ユーザー評価:

亡き父の財産分与で、母親と私で共有1/2づつ持分の土地に、母親名義の住居(A)と私名義の住居(B)があります。
A,B共に未登記です。
私の所有していた持分1/2の土地の競売(ヌ)で不動産会社に落札され、このほど先方より催告書が届きました。
催告書の内容は
私の1/2持分の土地所有権がこの会社へ移ったことと、住居Bは本件土地に対して何ら権利を有していないので、即刻取り壊し土地を明け渡すように催促と、明け渡さない場合、裁判所へ土地明け渡し命令を申し立てし、明け渡し完了まで1日1万円の損害賠償金を請求すると書いてあります。【質問1】
買受人は土地1/2持分となったことに対し、建物住居Bを取り壊すように求めることはできますか。【質問2】
取壊し費用や引越し費用が捻出できないので、引渡し命令が出てもこのまま住み続けた場合、強制執行となると思いますが、物理的に引越しができない場合、どのようなことが想定されますか。【質問3】
母親が住む住居Aも同じように明け渡しの要求の可能性があるのか。【質問4】
損害賠償金が払えない場合どうなるのか。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 愛知県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にないです

はじめまして。

行政書士Mです。

今回土地の上に未登記家屋が存在するということで、所有権に関する登記は第三者に不動産の権利を主張する為のものです。所有権に関する争いになった場合は、登記していないと第三者に対抗できません。最悪、先に他の者に登記されてしまった場合は、権利を失うことになります。

質問1:現状ですと、あなた名義の1/2の土地を不動産会社が所有しており、家屋Bは未登記なのでこの不動産会社に対抗できなく、取り壊しを求めることができると考えます

質問2:もし出て行かない場合、強制執行の手続きの許可を裁判所に取り、裁判所の命令のもとに、家屋Bを業者が取り壊しし、家屋の中の家財道具も処分し、その経費を貴方宛てに請求してくると思います。

これを避け、家屋Bに住み続けるためには、家屋Bにあなたの所有権があることを登記して、第三者対抗要件を備える手続きをこの段階でとれるかですが、この点は微妙であり当方不明なので、近隣の司法書士に相談してみてください。ひょっとしたら、もはや手遅れかもしれません。

質問3:母親の1/2の土地は競売がかけれられていなければ、手出しできません。家屋Bがあなた名義の1/2の土地の上に立っていなければ無傷です。

質問4:貴方が自己破産しない限り、損害賠償金が積みあがっていき、その請求権は残ります。。

なお、上記は、ご質問からして、土地が共有にはなっていないと判断して回答しました。つまり、母親と貴方の1/2ずつの土地の範囲が明確に定まっている場合(つまりあなたの土地は家屋A が立っている範囲、お母さまの土地は家屋B が立っている範囲がそれぞれ登記されている場合)であって、一つの土地を範囲を決めずに持ち分1/2ずつ共有しているとなると、かなり厄介です。

質問3:母親の1/2の土地は競売がかけれられていなければ、手出しできません。家屋Bがあなた名義の1/2の土地の上に立っていなければ無傷です。⇒ 質問3:母親の1/2の土地は競売がかけれられていなければ、手出しできません。家屋Aがあなた名義の1/2の土地の上に立っていなければ無傷です。 訂正します。失礼しました。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;回答ありがとうございます。今現在登記がされているかネットで確認しましたが、されていませんでした。これから登記手続きをするのは有効でしょうか。それともその前に引渡し命令が出てしまえばどうにもならないでしょうか。

はい。かなり微妙なので、お住いのお近くの司法書士に確認してください。

申し訳ないですが、当方この点については正確にお答えできません。

お手数ですが、本件についてのご評価(星の数の入力)をお手すきのときに頂ければ幸いです。

行政書士Mをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問