ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3464
経験:  2005年弁護士登録。民事事件、刑事事件、家事事件、行政事件などを手広く扱ってきた。消費者被害の分野においては、特に注力してきている。
84237273
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

恐喝で逮捕勾留後、公訴の無い不起訴で釈放になっております。恐喝で告訴した相手を、虚偽告訴で訴えたいのです。

質問者の質問

恐喝で逮捕勾留後、公訴の無い不起訴で釈放になっております。恐喝で告訴した相手を、虚偽告訴で訴えたいのです。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 山梨県南巨摩郡南部町です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 民事で開いてから、告訴の内容が違っているという事の返答を貰った、裁判の速記録があります。
投稿: 16 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  khyh1709 返答済み 15 日 前.

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

虚偽告訴罪に問うとなると、告訴が虚偽であったことの証拠にはどのようなものがあるか、ということが問題になりますが、

告訴の内容が違っているという返答の速記録というのは、証人尋問の際の回答ということでしょうか。

裁判所の判決文としては、ないでしょうか。

速記録は、いわゆる自白のようなものになるのかと思いますが、これに加えて、

虚偽であることの裏付け、例えば、こういう恐喝をした、ということについて、そういう子とをしていないことを証明できるような証拠が何かあるか、あればそれも加えたいのですが、

そのうえで、速記録とともに、警察に相談して虚偽告訴罪を検討してもらう、ということになるかと思います。

法律 についての関連する質問