ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4851
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

よろしくお願い致します。 お互い既婚者で不倫し、相手が離婚し、慰謝料300万を相手のも私が払いました。 アシスタント:

ユーザー評価:

よろしくお願い致します。 お互い既婚者で不倫し、相手が離婚し、慰謝料300万を相手のも私が払いました。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: その後、同棲しているのですが、お互い連れ子同士でトラブルが多くあまりよい関係では無い状態です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 車のローン400万も相手に請求されたりしているのですが、同棲解消時、相手は離婚した元奥さんと戻る場合は慰謝料返金などできるものですか?

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

離婚時の慰謝料について貴方は自分の分と相手の分の慰謝料を両方支払ったということですが、この時点で、相手の慰謝料を支払った分について求償権というものを持つことになり、相手が離婚した元奥さんと復縁するしないに限らず、貴方は相手に求償権をもって300万円の支払いを請求することができるのです。この求償権の根拠は民法443条1項にあり、、「連帯債務者の一人が債権者から履行の請求を受けたことを他の連帯債務者に通知しないで弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得た場合において、他の連帯債務者は、債権者に対抗することができる事由を有していたときは、その負担部分について、その事由をもってその免責を得た連帯債務者に対抗することができる。」という条文によります。

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
20837;籍していない状態で車のローンを一括で払う義務はないですよね?

法律 についての関連する質問