ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8506
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

遺産相続の件で質問です。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

遺産相続の件で質問です。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 千葉県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 母はまだ健在ですが、遺言として私には甲府の土地と住居

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
遺産相続に関するご質問とのこと、質問途中のご様子ですが、差し支えのない範囲で構いませんので詳細をお聞かせ頂ければ、お答えさせて頂きたく存じます。
宜しくお願いします。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

質問者: 返答済み 1 月 前.
31169;の母はまだ健在ですが遺言に遺産相続として私には甲府にある自宅と土地のみを相続し、他の土地や貯金類は長男に相続するようにしています。甲府の不動産は進入道路が狭く車が入れず、売却しようにも買い手がつかないのではと思います。言ってみれば負の遺産です。長男には1億円近くの遺産相続となります。あまりにも不公平な遺言なので遺留分を請求したいのですが、甲府の不動産を拒否した場合 遺留分の請求が出来るのですか?
質問者: 返答済み 1 月 前.
12414;ずはメールでのやり取りをお願いします。

ご返信、ありがとうございます。

(冒頭、お伝えした通り、電話相談の案内は、機械が自動的に送信しているだけなのでお気になさらないでください)

基本、遺言がある場合には遺言が優先されることになっています。

その上で、遺留分を主張なさることも可能です。

例えば、無価値の不動産を相続しても、やはり無価値。

対する1億円の不動産に対して、遺留分を請求なさるという形になるかと存じます。

質問者: 返答済み 1 月 前.
30002;府の不動産の遺産相続を放棄した場合 遺留分の請求が可能かという質問です

相続放棄は一部の相続財産のみに行うことは出来ず、全ての遺産に対しての放棄となります。

現行の国内法では、不可能という回答になります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12381;れではすべての遺産額の4分の1を遺留分として請求できるわけですね。その場合遺留分のなかに甲府の不動産を含めなくてはいけないということですか? それとも甲府の不動産は相談して兄に相続してもらうことは法律上可能ですか?

本来は相続を指定されている甲府の不動産を含んでということになりますが、遺言は“基本”であり、相続人間で協議が整えば遺言通りでなくても構わない、つまりお兄様が承諾すれば、必ずしもご相談者様が甲府の不動産を相続する必要はないということになります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
30002;府の不動産の評価についてです。 家屋は古く価値はないと判断して良いのですか? また土地の評価は路線(道路)価で算出するのですか、それとも売却可能価格で算出するのですか? また家屋は取り壊しの費用が生じます。その費用を考慮できますか?

大変恐れ入りますがこちらは『一問一答式の質問サイト』であり、通常案件のように「着手金を受け取り、事案終了まで責任を持って寄り添う」「ひとつの質問に対して次から次へと湧き出る疑問を徹底的に解決する」ものではなく、ひとつの質問に対しての回答に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けますようお願いしております。

「甲府の不動産の評価についてです。」

という追加のご質問の前に、まずは最初の質問に対する回答へのご評価を頂きたく存じます。

ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

お手数お掛けしました。

ご質問及びご評価、ありがとうございました。

不動産は通常、固定資産税評価額で算定しますが、路線価・実勢価格、いずれで算定するかも相続人間で決めることが可能です。

もし本当に『負の遺産』なら、他の遺産から差し引きした金額を遺産総額とし、それを遺産分割協議することも可能です。

法律 についての関連する質問