ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8386
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

はじめまして。 フリーランス同士の支払いトラブルについて質問したく思います。 アシスタント:

ユーザー評価:

はじめまして。
フリーランス同士の支払いトラブルについて質問したく思います。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ありがとうございます。相談内容の詳細を書いたほうが良いでしょうか?

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

「フリーランス同士の支払いトラブルについて質問したく思います。」

とのことですが、差し支えのない範囲で構いませんので詳細をお聞かせ頂ければ、お答えさせて頂きたく存じます。

宜しくお願いします。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

質問者: 返答済み 1 月 前.
itoさま、ご返信を誠にありがとうございます。
書き、詳細をお送りさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。昨年春に、クライアントからまとめてディレクターの私にギャラが入金され、携わったデザイナー、スタイリスト、カメラマンに私から配分をするという案件でトラブルがありました。
この案件では2回撮影を行っており、上記に上げた3者とも1回分の撮影にかかる制作費で携わることに了承を得ています。
ただ、この件は、デザイナーAさんのデザインが不良で納品ができなかった案件で、一度コロナを理由に仕事を打ち切ったのですが、クライアントが同じ企画でデザイナーを変えて夏にリリースするという事態になり、Aさんから抗議を受け、Aさんのみ特例的に増額してお支払いした件となっております。昨年6月頃の納品後、請求金額について個別に相談していたのですが、スタイリストBさんが再三の依頼にも関わらず、請求金額について確認していただけず(書面の形で5度ほど確認の依頼をしました)、「また連絡します」「すぐ作ります」と言われ、請求書の送付を延ばされていました。先月7月にようやくBさんから請求書が届いたのですが、「2回目の撮影でもお金がかかった」ということから、昨年ご提示していたよりも1.5倍以上の金額を請求されました。
クライアントからは昨年ご提示していた金額で支払いを受け取っており、交渉もできない時点であることや、私もギャラはそんなに頂いていないことから、一度は納得していただいた(了承した旨のメールもあります)のですが、今月に入ってデザイナーAさんが「自分はこれぐらいもらっていた」と金額を開示したために、自分ももっと貰えるはずと疑いが生じたようで、今度はBさんのマネージャーさんから改めて1.5倍の金額の請求書が届きました。
質問者: 返答済み 1 月 前.
65288;続きです)
一度は合意を得たはずなのですが、この場合、増額してお支払いせねばならないでしょうか?また、経費として新幹線、高速道路、ガソリン代を別途請求されていますが、領収書の明細などは付けてくださっていません。
こちらは、最初は問題ないと思っておりましたが、やはり領収書を頂いたほうがいいでしょうか。また、デザイナーAさんが金額を伝えてしまったためにトラブルになったことは、法律的に問題ないのでしょうか。
NDAを結んでいないので抗議程度になってしまいますが、やめていただきたいと思っています。以上、ご相談させていただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ご返信及びご丁寧な挨拶、ありがとうございます。

内容拝見させて頂きました。

A氏に関してはクライアントからの要望で人員変更、それに伴う解約金として割り増しで支払ったのは元請け的立場であるご相談者様の判断次第。

B氏のそれに便乗した増額請求には、応じる法的義務はないと思量します(A氏が外されたのも知っているでしょうし)。

また、領収書類は貰った方が宜しいかと。

無くとも、せめて詳細を書いた一覧表くらいは提示を求めて宜しいかと存じます。

最後に、割り増しを吹聴したA氏ですが、守秘義務条項を定めていない限り、法的に責任追及をすることは難しいかと存じます。

普通なら「余分に払うから辞めてくれ、って言われた」なんて、恥ずかしくて口外できないものですがね。

質問者: 返答済み 1 月 前.
itoさま、ご確認及びご返信いただきまして、誠にありがとうございます。
大変助かりました。やはり、Bさんの請求には応じる法的義務がないということですね。
お話を伺って、とても安心しました。一度、Bさんにはその旨お伝えし、ご理解いただくようお願いしてみようと思います!
itoさま、ご親切にご返信いただきまして、本当にありがとうございます。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

もしB氏が納得しなければ、内容証明郵便にて通告するという方法もあります。

その際はまたご質問お寄せ頂ければと存じます。

今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます!また、何かありましたらご相談させていただくかもしれませんが、その際は何卒よろしくお願い申し上げます。そうしましたら、以上で「評価する」ボタンなどを押させていただきますね。
この度は本当にありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

また何かありましたらお声掛けください。

法律 についての関連する質問