ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 374
経験:  Expert
113504086
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

建設業の注文請負書の代金未払いにて困っています。 アシスタント:

ユーザー評価:

建設業の注文請負書の代金未払いにて困っています。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 新潟県ですが、工事した場所は長野県川上村、熊本県阿蘇高森です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 相手の会社を建設業法違反として、国交省の整備局より指導をしてもらう予定ですが、指導となった後、相手の会社から損害賠償裁判を起こされ、敗訴するケースがある旨、同業他社より情報をもらいました。 そのようなことは、実際にあるのでしょうか?

弁護士まちだが回答させていただきます。

ご質問者様が建設業法違反を国交省に告発したということでしょうか。

告発行為は、違法ではありませんので、損害賠償責任を負うことはありません。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;回答ありがとうございます。弊社が国交省へ告発をし、代金未払いの指導を行ってもらう予定です。それに応じない場合、建設業法違反としての立ち入り調査をしてもらうかどうかを検討中ですが、弊社も罰金等は免れないとの見解を国交省からは頂いています。立ち入り調査となると、現場がストップとなるため、ストップした分の損害賠償請求裁判を相手側にされる可能性、敗訴となり多額の損害賠償を請求され会社倒産した旨、同業他社より情報をもらいました。そのようなことがあるのかどうか、同業他社は相手側の人でそうならないように弊社社長にいった可能性もあります。実施どうなのでしょうか?

未払いに関する指導を求めることは違法行為ではありませんので、このことによって現場がストップしたとしてもその原因をつくったのは相手業者ということになるでしょうから、法的に損害賠償責任を負うことはないでしょう。

ただ、今後も取引を継続するとなると、相手業者が、嫌がらせとして、代金遅滞を繰り返したりすることで、御社の資金がショートするような可能性は否定できませんので、この点についてはご留意ください。

machidaをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問