ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4833
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

弁護士はこちらで探すのですか? アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

弁護士はこちらで探すのですか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 大阪です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 現在 兄が その家で母と一緒にするんでいるので兄が自分も一緒に相談を受けたいと申してまして

初めまして、こちらのサイトでは法律の専門家が随時対応させていただいており一問一答制になっておりますが、トライアル期間中は何回新規ご投稿をされても追加料金はかかりません。(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

お兄様と貴方様と共同のご質問と言うことですが、ご相談内容はどのようなことでしょうか。こちらのご投稿欄に引き続きご相談内容をご入力くださればこちらから回答させていただきます、よろしくお願いします。

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
32004;20年前、母(78歳)が知人の銀行融資約1500万円の連帯保証人となり、
その数年後に知人が債務不履行の状態となったため毎月3万円の返済(利息の一部支払い)を開始。
現在も支払いを継続中。母が現在長男(自営・52歳)と居住している自宅は、土地の所有が母で建物の所有は長女(自営・51歳)の夫(会社員・51歳)名義となっている。土地・建物共に当該保証債務に係る抵当権などは設定されていない。母は現在、ごく小規模の商売を継続している。(現在すでに廃業を考えている)この状況の中、下記のような手続きが可能かどうかお話を伺いたいです。、1.自宅を売却し、母に土地代金としてある程度まとまった金銭が入った場合、
  全額・または一部を銀行への返済に充てることなく、
  これまでどおりの3万円返済継続で済ませることが出来るかどうか。
  (自宅売却による住所変更について銀行へ連絡した時、返済を迫られる可能性を憂慮している)
  ※またその後、母の自己破産は可能かどうか。2.現状の返済を続けつつ、自宅の土地所有権を長女に生前贈与し、
  その後に母の自己破産申請をしようとする場合法的に問題があるかどうか。
  ※この場合、自宅の売却はその後ゆっくり考えることが出来る。3.自宅売却後に母の自己破産を申請することを前提としながら、
  母が土地売却代金を受け取らず、これまで長年に亘り母の生活費その他を援助してきた事実(実際に帳面あり)を基に
  長女が受け取ることとすると法的に問題があるかどうか。
  また、他にさらに良いと思われる解決策が考えられるならご教授いただきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;る方にここで電話相談依頼をしたのですが全く応答がなくシステムも分からず怖いです。

1.自宅を売却し、母に土地代金としてある程度まとまった金銭が入った場合、
  全額・または一部を銀行への返済に充てることなく、
  これまでどおりの3万円返済継続で済ませることが出来るかどうか。
  (自宅売却による住所変更について銀行へ連絡した時、返済を迫られる可能性を憂慮している)
  ※またその後、母の自己破産は可能かどうか。

→まとまった金銭を受け取ったとしても、その金銭を充当しなければならないわけではありませんので、今まで通りの返済額でいいでしょう。

2.現状の返済を続けつつ、自宅の土地所有権を長女に生前贈与し、
  その後に母の自己破産申請をしようとする場合法的に問題があるかどうか。
  ※この場合、自宅の売却はその後ゆっくり考えることが出来る。
→生前贈与をした後に自己破産をすると、意図的に借金逃れをするためとみられてしまい、自己破産ができなくなる可能性が高いです。

3.自宅売却後に母の自己破産を申請することを前提としながら、
  母が土地売却代金を受け取らず、これまで長年に亘り母の生活費その他を援助してきた事実(実際に帳面あり)を基に
  長女が受け取ることとすると法的に問題があるかどうか。

→自己破産は誰でもできるわけではなく、前述したように自己破産を申し立てた後に、認められないという可能性が高いと思いますので、まずは自己破産の時点でつまずく可能性があります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます。
質問者: 返答済み 1 月 前.
28145;く理解させてもらい 感謝しています。もう売却の道しか 兄も母も生活もできないので 動いていきます。

法律 についての関連する質問