ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4909
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

親名義の土地に家を建て居住している弟の妻が土地分の固定資産税の支払いを拒否している。

ユーザー評価:

親名義の土地に家を建て居住している弟の妻が土地分の固定資産税の支払いを拒否している。 何とか支払わせたいが、弟は既に死去している。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 兵庫県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 弟の妻に、立ち退きさせることは、法律的に可能でしょうか。

弟様がすでにお亡くなりになっていて、土地は弟様の親名義、ということでしたら、弟様の配偶者である妻はいわゆる弟様の相続人ではありますが無権利者です。固定資産税は地代として請求することが可能ですが、地代として支払いを請求するには、支払いを約束させる契約が必要です。今から出sも遅くないので、その支払いの契約を書面でしておいた上で、今後地代の不払いが続く場合は、原則的に契約を解除することができます。契約解除とすることができるのです。その場合弟様の妻は不払いをしている借地権者として建物を撤去して立ち退かなければいけません。

質問者: 返答済み 1 月 前.
36820;信ありがとうございます。
何度交渉しても、親の名義の固定資産税は絶対に払わないに一点張りで、困っております。

ご自分が住んでいるというのに支払いを拒否するとは、ひどいですね。そうしましたら、土地名義人である親御様から、土地を貸している状態になっていることについて地代を請求する、請求に応じなければ、無権利者として退去を請求するということを書面にして、内容証明郵便で通知することをお勧めします。内容証明は訴訟を前提としているときに利用されることが多いことから、内容証明を通知することにより、相手に心理的圧迫を加え、こちらの要望を実現しやすくするという効力があります。内容証明による通知というのは、裁判になった場合の証拠として使用できるものでありますから、裁判や告訴を行う前の最終通告的な意味合いで使用することが大半です。ですから見慣れない人に対しては、独特の威圧感によるプレッシャーを与えることが出来ます。また、見慣れた人に対しても、受け取っていないという言い逃れが出来ませんので、その後のリスクを自覚認識させることが出来ます。具体的には、期限までに請求に応じない場合に法的な措置をとることなどを記載して、内容証明郵便で督促することにより、解決つなげる効果があります。

内容証明 | 日本郵便株式会社 (japanpost.jp)

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます。
内容証明郵便のことは、今回初めて知りました。作成については、行政書士等の専門家に依頼した方がいいのでしょうか。

内容証明郵便はご自分で作成することもできます。その際の郵送料ですが、枚数によって異なりますが1,500円前後です。専門家に依頼するのであれば、弁護士、司法書士、行政書士のいずれかの専門家へ依頼することになりますが、2~3万円程度かかります。効力に関しては自分で作成しても専門家に依頼しても同様ですので、まず初めはご自分で通知してみてもいいのではないかと存じます。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。大変参考になりました。

法律 についての関連する質問