ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2422
経験:  所長
64397026
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

当社のアルバイトの一人の相談です。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

当社のアルバイトの一人の相談です。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ひき逃げ案件として処理されています。
質問者: 返答済み 1 月 前.
5月9日の事故発生当初から今月までの経緯をまとめ添付しました。

ご質問いただき、ありがとうございます。

アルバイトがひき逃げ事件を起こしたとされているのでしょうか。

添付の経緯の資料が開けません。何らかの形で、添付しなおしていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 1 月 前.
22833;礼しました。PDFに変換して送りなおします。

ご返信いただき、ありがとうございます。

添付文書読ませてもらいました。

まず少年Aがどのような傷病なのか確定していないことが問題です。診断書も出ないようではケガをしたとはいえません。ケガをしていなければ、「ひき逃げ」も成立しません。

検察官の調書に署名してしまったのでしたら、あとは検察官が起訴するかしないかになります。略式起訴になった場合、裁判官の元に出頭しますが、その際に「ひき逃げ」について検察官の調書とは異なる主張であることを申し立て、通常裁判に切り替えましょう。通常刑事裁判であれば、国選弁護人を選任できます。

本人がA君にケガのないことを確認していること、診断書が提出されていないこと(作成されていないこと)を争点ににして争うことができるでしょう。

dai60962000をはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問