ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida,
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 385
経験:  Expert
113504086
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

権力能力もないといえる任意団体A(3人で構成される、活動期間約1年)が、自らに権力能力がないことを知らずに、Aを甲として

質問者の質問

権力能力もないといえる任意団体A(3人で構成される、活動期間約1年)が、自らに権力能力がないことを知らずに、Aを甲として業務委託契約を、ある個人乙と結んでしまっていた場合、この契約は不成立という扱いになりますか?それとも契約が成立していたと判断されることはありますか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にありません
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  machida 返答済み 1 月 前.

弁護士まちだが回答させていただきます。

現状のままですと、Aと乙の契約は、無効と考えられます。

しかし、契約の経緯や契約書記名者などの事情によって、上記契約は、3人と乙との間で成立していると判断される場合もあります。

契約を有効にしたいということであれば、3名を契約者とする契約書を作成しなおしたほうが良いかと思います。

一方、無効にしたいということであれば、Aには法人格が無く、契約が無効であるので、双方受領した対価などがある場合にはこれを返還して契約を無かったことにするということになります。

以上、ご参考にしていただければ幸いです。

法律 についての関連する質問