ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, ビジネス法務エキスパート
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1687
経験:  知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

7月に、母が亡くなり遺言公正証書がでてきました。 アシスタント:

質問者の質問

7月に、母が亡くなり遺言公正証書がでてきました。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 大阪です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: そこには、川西市の50坪程の借家を譲るっとかいてありましたが、財産目録が分からないのですが誰に言えば良いのですか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  follow 返答済み 1 月 前.

ご質問ありがとうございます。

基本的には相続人同士で協力して作成することになりますが、もし専門家に依頼をされたいということであれば、弁護士や行政書士などにご依頼をされるとよいでしょう。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20170;度、向こうの弁護士、会計士と遺言の事で会いますが、その時に財産目録を請求したら良いでしょうか?それによって慰留分請求をしたいと思っています。
専門家:  follow 返答済み 1 月 前.

もし、遺言の中で遺言執行者が指定されていれば、財産目録の作成が義務付けられていますので確認してください。

そうではなく、単に他の相続人等が依頼した弁護士ということであれば、その方は依頼者のために行動しなければなりません。

お願いをしてみること自体は構いませんが、あくまでも依頼人の利益のために行動する責任を負っていることを念頭に入れてください。

質問者: 返答済み 1 月 前.
36986;言執行者は、指定されてます。
質問者: 返答済み 1 月 前.
36986;言に書かれている、借家の相続手続きは、いつ、どのような条件が整った時におこなったら良いのでしょうか?相続した後でも慰留分請求したらいいのですか?
それとも、相続手続きは財産目録と照らし合わせてからの方がいいのですか?
専門家:  follow 返答済み 1 月 前.

遺言に関する手続きは、遺言執行者が行います。

法律 についての関連する質問