ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3360
経験:  法律 コンピューター
104549551
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

92歳の男、家族と死別、現在一人ぽっちです。将来の展望が見えず不安です。

質問者の質問

92歳の男、家族と死別、現在一人ぽっちです。将来の展望が見えず不安です。
3LDK(持ち家)に住んでいます。年金では少し足りず、預金が目減りしています。
サ高住に移転の場合、孤独死を防ぐ方法を教えて下さい。
投稿: 15 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  saito 返答済み 15 日 前.

お世話になります。
サ高住では安否確認サービスと、生活相談サービスの提供を行っていますので、それで防止できるのではないかと思いますが、他にも以下の点を確認してみてください。

・自分の地域における孤独死対策を知る
各自治体、お住いの集合住宅、NPO、ボランティア、企業など、何かしらの団体において、身近で対策がなされているはずです。
自治体へ問い合わせてみるなどアンテナを張り、自分の地域における孤独死対策を確認してみてください。

・訪問サービスを利用する
日用品や食事、クリーニングなどの宅配サービス、訪問介護などの「家に来てもらえる」サービスを利用するのも有効です。
訪問介護を受けていれば、何かあったときにすぐに気づいてもらえますし、家の中で転倒して動けなくなったときにも助けを呼んでもらえます。

・「見守り家電」を利用する
遠くに住む家族に定期的に連絡を取ることができれば、それが理想です。
積極的に、電話やメールで連絡を取るのもいいし、テレビ電話もいいです。

・地域の人たちとの関わりを持つ
可能であれば、周囲の人と関わりを持つことも非常に重要です。
地域のイベントに積極的に参加したり、外に出て近所の人と会ったら挨拶をしたり少し会話をしたりして、「1日誰とも会話しない日」を作らないことが大切です。

・健康的な生活を心がける

法律 についての関連する質問