ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3970
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

独身時代から個人年金をかけていますが、現在夫の扶養家族となっており、収入は少ないです。別居中ですが、夫は県外に進学した娘

ユーザー評価:

独身時代から個人年金をかけていますが、現在夫の扶養家族となっており、収入は少ないです。別居中ですが、夫は県外に進学した娘の奨学金やアパートの保証人になれないといい、自分の実家に5万入れてるからお金がないと、ローンや夫の携帯代や学費全ての支払いはこちらなのに、給料振り込みを別の口座に変え、振り込み額もへらされています。口座を変える時弁護士に聞いたから、給料から生活費として振り込むよう手続きすると言っていたのにそれすらしておらず、私の個人年金を解約して半分よこせとか、生活費に当てろと親子でいってきます。子供の学費を支払うため解約せず、私の両親に生活費として借りています。個人年金は夫に渡さなければいけないのでしょうか?

個人年金は収入ではありませんから、解約してご主人に渡す必要はありません。現在別居中ということであれば、別居中の生活費のことを法律上は婚姻費用と言うのですが、婚姻費用とは夫婦間で分け与える生活費のことで、離婚が成立していなければ、夫婦間での生活費は分担せねばなりません。 つまり、別居中であろうと、夫婦であれば収入が多い方から少ない方に、生活費を分け与える義務があります。ご主人は生活費を貴方に支払う義務があるということです。

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 日 前.
12354;りがとうございました

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

法律 についての関連する質問